ハイロー攻略ツール

XMのデモ口座の作り方をわかりやすく解説【MT4/MT5利用準備】

ハイローオーストラリアでは、MT4やMT5のようなプラットフォームを使った分析が一般的です。

本記事で紹介するのは、XMのMT4・MT5を使う際に必要なデモ口座の申請方法になります。

使いやすいXMのMT4でハイローオーストラリアを攻略する人も増えてきました。

XMのプラットフォームを使ってハイローオーストラリアの分析をしたい方は、下記を参考にしてデモ口座の申請をしてみてください。

MT4/MT5の利用は事前にアカウント登録が必要

XMは、海外FXで日本人人気が最も高いブローカーです。
プラットフォームではMT4とMT5の両方が提供されています。

ハイローオーストラリアの取引では、このMT4やMT5といった分析ツールを使う事が必須です。

ハイロー上でも値動きの確認はできますが、ローソク足表示やインジゲーターを用いた分析はできません。必ずMT4かMT5を使って分析した方が良いです。

ハイローオーストラリアの分析のみで使うというのであれば、デモ口座の申請をしておきましょう。

デモ口座とはXMでの取引を練習する口座のため、実際に資金を入金してFX取引をするものではありません。

バイナリーオプション分析用のプラットフォームとして使うだけなので、デモ口座の申請をして値動きが反映されるようにしておきましょう。

ハイローオーストラリアのためのMT4ダウンロード&おすすめ設定方法ハイローオーストラリアの攻略に、MT4(MT5)は必須です。このページでは、最強分析ツールMT4のダウンロード方法と、ハイローに適したMT4の設定方法・ハイローの取引画面と連携できるかどうかについて詳しく解説します。ハイローの取引を本格的に始める前に、必ずMT4を導入してください。...

リアル口座でも使える

前述したデモ口座の件は、ハイローオーストラリアの分析に用いる事を前提に解説しました。

しかし、FX取引を並行して行いたいという方であれば、XMのリアル口座を作っておくといいでしょう。

リアル口座のMT4・MT5とデモ口座でのMT4・MT5では、実際のFX取引ができるかできないかの違いだけで、チャートに関する違いは一切ありません。

リアル口座であるからと言って、値動きが正確だったり反映が早いなんて事はないです。どちらも同じ値動きが反映されます。

XMでは、豊富なボーナスを提供しているので、FX取引をするのであれば最もおすすめの海外業者と言えます。

また、日本人ユーザーが多い事もあり、万全の日本語サポート体制で運営されているので安心です。

ハイローオーストラリアからXMに乗り換える人が増加中【MT4・MT5対応】コロナウィルスにより家時間が増えた事で、投資をする方が増えてきました。 投資初心者には長年ハイローオーストラリアが人気でしたが、最...

XMのデモ口座の申請方法

次は、XMのデモ口座を申請する方法について解説をします。
画像付きで解説していくので、手順通りに申請手続きを行っていきましょう。

公式HPにアクセス

まずは、XMの公式HPにアクセスをしましょう。

XMは海外のキプロスという国に本社を持つ海外業者ですが、公式HPは日本人向けのものが用意されており、文章も全て日本語で記載されています。

リアル口座を使って取引したい方でも簡単に開設できますよ。

公式HPの左側に「デモ口座開設」と記載された赤い項目があるので、デモ口座の申請をする方はここをクリックしてください。

個人情報を入力する

次の画面で、デモ口座の申請画面に移ります。

項目ごとに必要な情報を入力していきましょう、

  1. 名前(ローマ字表記)
  2. 居住国(選択式)
  3. 都道府県・市(ローマ字)
  4. 電話番号(+81を選択後、最初の0を抜いた番号を記載)
  5. Eメール(メールアドレスを入力)
  6. 希望言語(日本語を選択)

これらの内容を入力しましょう。
あくまでもデモ口座のため、情報が間違っていたとしても問題なく口座申請はできます。

しかし、メールアドレスの箇所だけは間違いや入力漏れのないようにしてください。

デモ口座申請後はMT4・MT5のログインに必要なIDとパスワードがメールで送られてきます。メールアドレスを間違ってしまうと、必要情報が届かないので注意して下さいね。

全ての入力or選択が完了したら、下にスクロールしてください。

取引口座の設定

次に、取引口座の設定を行います。

ここで設定する項目は、FX取引において必要な設定がほとんどです。

バイナリーオプション目的でのデモ口座開設であれば、主に以下の2点だけ設定をして、あとはデフォルトで済ますと良いでしょう。

  • 取引プラットフォーム
  • 口座タイプ

取引プラットフォーム

取引プラットフォームでは、MT4かMT5かが選べます。

使用用途や目的に応じて選択しましょう。

MT4とMT5の違いは以下の通りです。
プラットフォーム MT4 MT5
動作スピード 遅い 早い
標準搭載のインジゲーター 30種類 38種類
カスタムインジガーター 多い 少ない
時間足 9種類 21種類
経済指標の閲覧 不可 可能

このような差があります。

バイナリーオプション取引を目的として開発されたサインツールのようなものは、ほとんどがMT4に対応しているものです。

そのため、サインツールやカスタムインジゲーターを使用したい方は、MT4での申請を行いましょう。

逆に、カスタムインジゲーターを使わない方であればMT5がおすすめです。

MT5はMT4よりも新しく開発されたツールのため、3分足の搭載や経済指標の閲覧機能といった、MT4にはない機能が豊富に搭載されています。

ハイローオーストラリアでは3分Turbo取引がありますが、3分足の分析はMT4ではできないので、MT5を使った分析をすると良いでしょう。
また、動作スピードもMT5の方が早いので、短期売買のバイナリー向きです。

ハイローオーストラリアの分析で人気なFXCM社ではMT4しか提供していないので、MT5を使いたい方はXMを使うと良いでしょう。

口座タイプ

XMの口座タイプは、以下の3種類です。

  • スタンダード口座→表示名 USD/JPY
  • マイクロ口座→表示名 USD/JPY micro
  • ZERO口座→表示名 USD/JPY.

口座タイプごとによって、MT4・MT5に出す銘柄の表記が若干変わります。

バイナリーオプション目的で使うのであれば、シンプルな表示方法のスタンダード口座を選択しておけば良いでしょう。

口座パスワードの設定

取引口座の設定が完了したら、また下にスクロールします。

次は、口座パスワードの設定を行いましょう。

口座パスワードは任意で、好きな文字列を設定できます。
条件は以下の通りです。

  • 8 — 15 文字
  • 少なくとも1文字の大文字 (ABC…)
  • 少なくとも1文字の小文字 (abc…)
  • 少なくとも1つの数字 (123…)

この条件が揃っていれば、どんなパスワードでも問題ありません。

しかし、複雑すぎるものでは忘れた時にログインできなくなってしまうので、ある程度自身で分かりやすいと感じるものを設定しておきましょう。

設定後はメモを取るなどして記録を残しておくと良いですね。

デモ口座申請

上記の工程全てが完了したら、最後に「私はニュースレターや企業ニュース、商品の最新情報を受け取ることに同意します。」へのチェックボックスへチェックを付けましょう。

その後下にある、「デモ口座開設」という緑の項目をクリックします。

メール認証

上記の工程が完了したら、登録したメールアドレス宛にメールが届いているかを確認しましょう。

メールの中央部分には、「Eメールアドレスをご確認ください」という赤い項目があるのでそこをクリックします。

メールが来てから24時間以内のみ認証リンクは有効です。

ログイン情報の確認

メール認証が完了したら、再度XMからメールが届きます。

①の箇所にID、②の箇所にはサーバー情報が記載されています。

MT4・MT5にログインする際は、この情報に加えて先ほど設定した任意のパスワードが必要です。

ログインする際に必ず必要となるので、メールは大切に保管しておきましょう。

XMでは1つのアドレスで5つのデモ口座が作れるので、もしログインできなくなったらこの手順で再度デモ口座を申請しておきましょう。
【スマホ版】ハイローオーストラリアのMT4ダウンロード&設定方法ハイローオーストラリアを攻略するために、スマホにMT4をダウンロードしよう!このページでは、スマートフォンにMT4をダウンロードする方法と、使い方を解説します。知っていればパソコンがなくともスマホだけでハイローオーストラリアを攻略することも可能です。是非参考にしてください。...
ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。

新規限定5,000円キャッシュバック