ハイロー初心者向け

ハイローオーストラリアは大学生におすすめできない【税金にも注意】

「ハイローオーストラリアは大学生でも、おすすめです!」というブログをよく見かけますが、それを鵜呑みにして思考停止で取引をするのはおすすめできません。

理由は、ハイローオーストラリア(バイナリーオプション)は投資であり、誰でも簡単に儲かるものではないからです。

投資は、チャートだけでなく投資家の売買心理、損しやすい相場の避け方など勉強や経験を積んでいく必要があります。

「まぐれで勝てる」と思っているのであれば、普通にコンビニでバイトをしている方が稼げるでしょう。

この記事では、ハイローオーストラリアを大学生におすすめしない理由と、注意点を解説します。

ハイローオーストラリアは大学生におすすめしない

冒頭でもお伝えしましたが、バイナリーオプションは大学生におすすめできません。

大学生に限った話ではないのですが、バイナリーオプションを始めるにあたって以下のような危険性があるからです。

  • バイトで貯めたお金を溶かす可能性がある。
  • 扶養から外れることがある
  • 大学生を狙うバイナリーオプション詐欺が多すぎる

簡単に言えば、「カモにされるなよ。」ってことです。

逆に、これを理解して真面目にバイナリーオプションについて学ぶ意欲がある人はやってみても大丈夫だと思います(笑)

簡単に稼げると言って集客して、儲かっている人たちもいるんですよ…。純粋な大学生たちよ、騙されないで。

バイトで貯めたお金を溶かす可能性がある

ではさっそく、大学生にハイローオーストラリアをおすすめしない理由の1つ目です。

コンビニでバイトをする大学生の画像

ハイローオーストラリアをギャンブル感覚でやると、あなたが3年間汗水垂らして貯めたお金なんて1ヶ月で消え去ります。

空きコマで暇つぶしに、友達とパチンコに行ってつい熱くなってしまった…。帰りに財布を見ると3万入っていたはずのソレが空っぽになっていた…。

こんな経験ありませんか?

短期間で稼ぐことが可能なバイナリーは、感覚や運だけでやってしまうとパチンコなんかよりも面白くて狂気的なギャンブルになってしまうということを…。

上か下かを選ぶだけの投資なので、知識がなくても感覚だけでできてしまうんです。ただ、それがギャンブルのような取引になってしまって、一瞬で資金を溶かしてしまったという失敗談が多すぎる。

ハイローオーストラリアはギャンブルだ!って言われるのは、そういう理由なんですよね。

扶養から外れることがある

ハイローオーストラリアとアルバイトでの所得金額が一定額を超えると、親の扶養から外されます。

ほとんどの大学生は親の扶養に入っていると思いますが、「扶養」については、よくわかっていない人がほとんどだと思います。

まずは、「扶養」といっても3つの扶養があるということを理解しましょう。

親が扶養者の場合

税扶養 親が所得税・住民税の扶養控除を受けられる
社会保険上の扶養 親が所得税・住民税の扶養控除が受けられる
会社の扶養 親が会社から扶養手当を受け取れる

年間の収入と扶養の関係は以下の図のとおりになります。
年収と大学生の扶養の条件

いわゆる「103万円の壁」や「130万円の壁」といわれるやつなんですが、一定のボーダーラインを超えると、ご両親の所得税や住民税も上がってしまう可能性があるよ。ということですね。

仮にこのボーダーラインを超えると、以下のようなデメリットが発生しますので頭に入れておきましょう。

扶養から外れた場合のデメリット

税扶養 親が支払う税金が高くなる
社会保険上の扶養 自分地震で社会保険料を納める必要がある
会社の扶養 扶養手当が受け取れなくなる

もしもハイローオーストラリアで利益がでたら、しっかりとご両親にも相談するようにしてみてください。

※たまに勤労学生控除がつかえるのでは?という学生も多いのですが、ハイローオーストラリアでは使えないことが多いです。気になる方は国税庁のHPをみてみてください

※参考サイト:国税庁No.1175

大学生を狙うバイナリーオプション詐欺が多すぎる

大学生をターゲットにしたバイナリーオプション詐欺が多発している

大学生を狙っている悪い人は、こんな感じです。

  1. リスクを説明せずに大学生をカモにしようとしているサイト(悪質)
  2. 高額な商材やツールを売りつけてこようとする(超悪質)

ハイローオーストラリアは「簡単で始めやすい」ので、これを悪いように利用している大人がめちゃくちゃ多いんですよね。

証拠として、「ハイローオーストラリア 大学生」と検索してみても「大学生なら登録すべき!」と稼げることを全面アピールして、きちんとリスクを解説している記事って少ないんです…。

バイナリーに関して無知な大学生をターゲットにして、登録料目当てでハイローオーストラリアをゴリ推しするサイトだらけってこと。

ちなみにSNSやマッチングアプリを利用して、高額商材を勧めてくるような悪い集団もいますので、注意しましょう。

さらっと、詐欺の例を紹介しますね。

  • 勝率90%の攻略ツールをUSBで50万円ほどで販売
  • バイナリーオプションのグループ配信に勧誘したあと、有料サロンへ
  • 美人トレーダーによるLINEでのレクチャー

上記の手口で詐欺師たちは、大学生をターゲットに儲けているんです。

実際にUSBを購入するために消費者金融会社2社から合計80万円のローンを組んでしまった大学生もいます。

外部リンク:選挙どっとこむ【大学生を狙った投資詐欺】

自分は大丈夫!と思っている人ほど、実は、被害者になりやすい…。被害は2015年〜6年間で10倍になっているそうですよ。

大学生は税金にも要注意

あとは、大学生がハイローオーストラリアで稼ぐ場合に気になるのが、税金と扶養の問題ですよね。

以下の2点については、先に確認しておいたほうがいいでしょう。

  • 確定申告って必要?税金は納めるべき?
  • 扶養から外れる必要はあるの?

ハイローオーストラリアで大学生はいくら稼いだら確定申告が必要になるのか

大学生 確定申告
図解のように、確定申告が必要な所得のボーダーラインは、バイトをしているのか・していないのかで金額が変わってきます。

  • バイトをしている学生:所得が20万円を超えたら
  • バイトをしていない学生:所得が48万円を超えたら

※いままでは年間利益38万円を超えると確定申告が必要でしたが、2021年から基礎控除は38万円から48万円に改正されています。

ハイローオーストラリアは、海外のバイナリーオプション業者になるので、税金は「総合課税の雑所得」に該当します。

雑所得は、バイト代などのその他の所得と合計して計算しますよー!

学生やフリーターは親の減税のボーダーラインを理解しておこう

バイナリーオプションで大きく利益を得ようとしている人は、103万円、130万円、という収入の壁を理解しておくことが大切です。

具体的には、ハイローオーストラリアで利益が出た場合、所得が48万円を超えてしまうと親の扶養から外れることになります。

年収にすると、103万円以下であれば扶養から外れないということです。

さらに詳しいことは、ハイローオーストラリアの税金解説記事に記載していますので併せて読んでみるといいでしょう。

ハイローオーストラリアは税金を払わないと脱税になるのか【2022年度版】ハイローオーストラリアの税金を知りたい方は必ず読んで下さい。知らないと脱税扱いになり通常よりも多く税金を払う羽目になってしまうかもしれません。ハイローは非課税ではなく、利益には税金が発生します。確定申告の義務もありますし節税をすることも可能なので、ぜひ読んでみてください。...

税金を納めないと脱税に

ハイローオーストラリアで稼いだお金は、雑所得の対象となり税金を支払わなければなりません。

ちなみに、海外の業者なので稼いだ金額によって所得税が増える「累進課税」という制度になります。

脱税や申告漏れ、所得隠しが発覚した場合、悪質性に応じたペナルティーが課されます。

また、住民税や所得税は社会人になってからもずっと納めていくことになる税金ですので、いまのうちから節税に関する制度や控除について勉強しておくといいですよ。

  • 払っていない分の差額「追徴税」を支払う
  • 脱税のペナルティ「付帯税」を課せられる

これだけでなく脱税で「10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金」で、その両方が課せられる刑事罰をうけることもあるので要注意です。

面倒だけど、脱税とか申告漏れをしてしまうと、多く税金を納めるハメになるので注意しましょう!
ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。

新規限定5,000円キャッシュバック