5000円が無料でもらえる!ハイローの口座開設☟☟
Uncategorized

ソニックオプションは詐欺?口座開設するべきではない理由とは!?

これから海外バイナリーオプションを始められる方の中には、「ソニックオプション」が気になっているといった方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ソニックオプションではペイアウト率が高く、非常に魅力的な海外バイナリーオプション業者となっています。

このバイナリーオプションは、「HIGH」か「LOW」の2者択一となっており、ペイアウト率がとても重要視される投資商品となっています。

しかし、そんなペイアウト率の良いソニックオプションですが、ネットの評判では「詐欺」や「出金拒否」などの口コミも多々見受けられます。

とても条件がいい海外バイナリーオプション業者なだけに、本当に詐欺業者なのかどうか気になってしまいますよね。

そこで今回は、ソニックオプションは詐欺なのかということで、その危険性について紹介していきます。

これから海外バイナリーオプション業者を利用される方は、ぜひ参考にしてみてください。

ソニックオプションとは

ソニックオプションとは、2014年からバイナリーオプション取引を提供している海外業者です。

業界最高峰のペイアウト2.02倍以上の取引を用意していることで知られています。

入金方法には、「クレジット決済(VISA・Mastercard)」「V-プリカ」「h2TC Payments」の3つから選択することできます。

初回時の最低入金額は20,000円となっており、1回あたりの最高取引額は1銘柄50,000円に設定されています。

ソニックオプションでの対象銘柄は、以下の7通貨ペアです。

  • 米ドル/日本円
  • ユーロ/米ドル
  • ユーロ/日本円
  • 英ポンド/米ドル
  • 英ポンド/日本円
  • 豪ドル/米ドル
  • 豪ドル/日本円

こちらの中から選択し、「レンジ取引」「ハイロー」「ショート」いずれかの方法で取引を行います。

取引端末は、パソコンのみならずスマートフォンでも可能となっています。

また、業界一早い高速スピード出金を謳っており、日本国内銀行に最短当日で出金手続きができます。

このように一見すると「詐欺ではないのでは?」と思いたくなる内容となっています。

しかし、ソニックオプションでは後述する「レベニューシェア」と呼ばれる方法でバイナリーオプション初心者から資産を奪う仕組みを利用しているのです。

そこで、次にソニックオプションの危険性についてご紹介してみましたので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ソニックオプションの危険性

ソニックオプションの危険性には、以下のようなものが挙げられます。

金融ライセンスの取得無し

ソニックオプションでは、各国の金融庁から発行される“金融ライセンス”がありません。

金融ライセンスとは、金融業を営む金融機関が受ける金融規制を守っていますよといった資格のようなものです。

この金融ライセンスを取得しているバイナリーオプション業者では、投資家の資産を保護する仕組みが採用されていますが、取得していない場合には注意が必要です。

ソニックオプション公式ホームページでは、どこにも金融ライセンスの記載がなく、国内の規制が適用されませんので、非常に危険な海外バイナリーオプション業者だといえるでしょう。

また、基本的に海外バイナリーオプション業者は日本の金融庁から危険と警告されており、実際に詐欺の被害が続出しています。

もし仮に海外バイナリーオプション業者で詐欺に遭ってしまった場合には、国内の規制が適用されないため、失った資金を取り返すことは不可能に近いといえます。

このような自国のライセンス取得もなく、日本の法律が適用されない海外バイナリーオプション業者のソニックオプションは危険性が高いといえるでしょう。

これからバイナリーオプションを始めるのであれば、なるべく金融ライセンスを取得している国内バイナリーオプション業者か、海外バイナリーオプション業者を選ぶようにしてください。

エントリータイミングが遅れる

ソニックオプションでは、エントリータイミングが遅れてしまいます。

エントリータイミングが遅れると、自分が思っていたようなトレードをすることができず、大きな損失にも繋がりかねません。

せっかく何時間も待ってやってきたエントリーポイントなのに、いざエントリーしてみるとワンテンポ遅れてしまい上手くトレードができなくなってしまいます。

短期取引をメインとするバイナリーオプションでは、エントリータイミングが遅れるなんてことはありえませんよね。

ソニックオプションではこのような危険性があるということも頭に入れておきましょう。

また、エントリータイミングが遅れるからといって少しエントリーポイントをずらしたとしたら、その価格まで値が伸びずに機会損失が発生してしまう危険性も考えられますので、充分な注意が必要です。

出金拒否される

ソニックオプションでは、出金拒否される事例が多発しています。

これはソニックオプションが詐欺といわれる1番の原因でもあり、最も危険性の高い項目です。

この出金拒否の原因は、「出金時の本人確認」と「ボーナス制度の出金条件」にあります。

まず、出金時の本人確認ですが、出金時に本人確認を行われることを知らずに利用していたお客様が初めて出金しようとすると本人確認を迫られて出金に時間がかかってしまうことが挙げられます。

また、提出した本人確認書類に何か不備があれば、それだけ審査が長引いてしまい出金が余計に遅くなってしまうでしょう。

次に、ボーナス制度の出金条件ですが、こちらは以前まで行っていた「初回入金限定の特別ボーナス」と呼ばれるものが関係しています。

こちらのボーナスは、入金額の最大60%をボーナスとして受け取ることができ、さらに上乗せで5,000円ボーナスまで付いてくるといった素晴らしいキャンペーンでした。

しかし、この初回入金限定の特別ボーナスを一度受け取ってしまえば、厳しい出金条件が付いてしまいます。

その内容は、『(ボーナス額+入金額)×15倍の取引』となっています。

たとえば、最低入金額の20,000円でソニックオプションを始めたとしましょう。

すると20,000円に入金ボーナスとして10,000円(50%の場合)が付いて口座には30,000万円入金されることになります。

そして上記の計算式にあてはめると、『(10,000円+20,000円)×15=450,000円』となりますよね。

このように最低額を入金しただけでもかなり厳しい出金条件が発生してしまいます。

たった2万円の入金をしただけで、450,000円分ソニックオプションを利用しなければ出金できないので、かなり大変な作業となってしまいます。

この仕組みを理解していないままソニックオプションに入金してしまう方が多く、結局出金条件を達成する前に負け続けて資金を失ってしまうようです。

正直この仕組みをはじめから理解していれば、入金する方もそれなりに減るのではと思われますが、実際には利用規約を読まずにソニックオプションを始めてしまう方が多く、この被害に遭われているようです。

ただ、現在ではソニックオプションの初回入金限定の特別ボーナスが廃止されており、この様な被害もなくなりましたが、今後再開する可能性も充分あります。

もし今後ソニックオプションを始めることがあれば、初回入金限定の特別ボーナスには注意しておきましょう。

運用代行

ソニックオプションを始められる方の中には、バイナリーオプションの運用代行サービスを利用される方がいます。

こちらのサービスは、そもそも自分では稼ぐことができないため、プロの方に運用を依頼するものとなっています。

しかし、その内容はとても危険なものばかりで、入金したお金をそのまま持ち逃げされることもあるようです。

また、実際に代行してもらった場合でも思った通りの成績ではなく、高い手数料だけが取られてしまったというケースも・・・。

運用代行には、ソニックオプションと手を組んで詐欺しているといった噂もありますので、注意が必要です。

自動売買ツールを売りつけられる

ソニックオプションを始められる方の中には、自動売買ツールを購入して利用される方もいます。

こちらの上記の「運用代行」と同じくとても危険なものばかりで、購入したのはいいが結果がでないことも多いようです。

「自動売買ツールを利用して毎月利益○○万円!」なんて広告からつい購入してしまい、騙されないように注意しておきましょう。

こちらの自動売買ツールの販売もソニックオプションと手を組んで詐欺をしているといった噂がありますので、気を付けてください。

運営元の情報

ソニックオプションの会社概要は以下の通りです。

サイト名SONIC OPTION
会社名K2 Ventures Limited
住所Babrow Building The Valley Anguilla British West Indies
コンタクトsupport@sonic-option.com
営業時間9:00 ~ 24:00

引用:ソニックオプション公式サイト

このようにソニックオプションには、電話番号、経営者情報の記載がありません。

バイナリーオプション詐欺業者には、このような例が多く、記載されている住所に関しましても不自然です。

ソニックオプションの利用を考えている方は、公式HPにて確認してみてください。

また、他のバイナリーオプション詐欺業者と同じ会社名と住所になっていることもあり、ソニックオプションの利用は充分に注意が必要です。

レベニューシェアとは

レベニューシェアとは、提携手段の一つとなっており、パートナーとリスクを共有しながら相互の協力で生み出した利益を、あらかじめ定めておいた分配率で分け合うことをいいます。

つまり、今回の件で説明すると「ソニックオプション」で取引をさせることで利益が発生すれば、ソニックオプションと紹介者が利益を分け合う形となります。

したがってソニックオプションと紹介者は、紹介した人に負けてもらうことで利益を得る仕組みを取り入れていますので、バイナリーオプションに詳しくない投資初心者を狙っているのです。

そのためこれからバイナリーオプションを始められる方は、ソニックオプションでの口座開設はやめておきましょう。

また、ソニックオプションのみならずバイナリーオプション業者には詐欺が多いので、しっかりと仕組みや内容を理解したうえで利用を検討してみてください。

ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

『ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。