入金不要ボーナスを受け取る☟

ハイローオーストラリアではサインツールを使うと有利?注意点やおすすめツールを徹底解説!

バイナリーオプションで取引するときは、各種インジゲーターやローソク足の形、通貨ペアの相関性を分析してエントリーすることが一般的です。

しかし、サインツールを使う事で、チャートを一目見ただけでエントリーチャンスを把握できます。

相場分析が不十分な方や自信がない方でも気軽に取引ができるので、初心者の方には特におすすめです。

このページではそんなサインツールの概要や、おすすめサインツールまでを詳しく解説していきます。
ぜひ最後まで読んでいってください。

サインツールとは?

サインツールとは、決められた売買ルールに基づいてチャート上にシグナル(矢印など)を表示してくれるツールです。

主にMT4で利用されることが多く、独自言語MQLのコードがかければ自作でも作成できます。

以下は実際に作成したサインツールの例です。

サインツール条件
・ストキャスティクス70以上
・RSI70以上

チャート画像を見ると、ストキャスティクスとRSIが70以上のラインを上回ったところで下方向への矢印が表示されていることが分かります。

このようにチャート上でエントリーサインをお知らせしてくれるので、相場分析をしなくても条件通りにエントリーができる仕組みです。

またサインツールによっては、音を出してエントリーのお知らせを通知してくれる機能があります。

音が鳴ったポイントでチャンスが来たことが分かるので、取引機会を逃す心配なくエントリーが可能です。

矢印表示の条件はサインツールによって異なります。
回数が多いものもあれば、回数少なめで勝率を高くしているツールなど様々です。

サインツールの使い方

ここでサインツールの挿入方法について見ていきましょう。

使いたいサインツールをダウンロードしたら、まずMT4の「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

high lowすると上のような画面が表示されるので、中央にあるMQL4をクリックしましょう。

上のような画面になるので、ダウンロードしたサインツールを「indicators」にドラッグ&ドロップで挿入します。

最後にMT4を再起動させて、再び開けば挿入は完了です。

一度サインツールを入れても、再起動しなければ表示できないので注意してください。

再起動後にMT4の「挿入」→「インディケータ」→「カスタム」の順にクリックすると、先ほどMT4に挿入したサインツールの名称が表示されます。

表示させたい通貨ペア画面で挿入すれば完了です。

取引方法

サインツールを使った取引手順は以下の通りです。

①チャートにサインが表示される
②ハイローオーストラリア画面から通貨ペアを選択する
③サインの表示した方向にエントリーする

この流れになります。

サインツールは自動売買を行うものではないので、最終的には自身の手でエントリーをする必要があります。

そもそもハイローオーストラリアでは自動売買が禁止されています。
出金拒否や口座凍結の要因となってしまうので注意しましょう。

サインツールでは自身の手でエントリーするので全く問題ありません。

また、ハイローオーストラリアでは30秒、1分、3分、5分、15分、1時間といった様々な判定時間がありますが、これはサインツールによって判定時間が異なるのでよく確認してから利用するようにしましょう。

スマホでも使える?

サインツールは基本的にPC版のMT4に挿入するタイプが多いです。

設定次第でLINEやメールでエントリーシグナルが来るといった通知を送ることはできますが、スマホ版のMT4に挿入するというシステムはいささか現実的ではありません。

PCを使ってサインツールが表示されたのを確認して、スマホもしくはPCからハイローオーストラリアのマイページにて取引を行う形になります。

また、スマホ版でのサインツールが配布されている場合もありますが、「勝率90%!」や「月利400%」といった文言で打ち出しているものが多いです。

勝率90%もあれば誰でも稼げてしまうので、かなり怪しい商材といえます。

高額である場合も多いので注意しなければなりません。

おすすめのサインツール

次に、おすすめのサインツールを紹介していきます。

自身に合ったサインツールを見つけて、有効に活用していきましょう!

ForexDog

ForexDogで提供されているチャンピオンハイローというサインツールは、過去勝率のバックテストデータを開示している信頼性のあるツールです。

巷に出回っているサインツールには「実は勝率が低い」「なんの根拠もない」といった悪質なツールがあることも現状です。

しかし、ForexDogで配布しているツールは通貨ペアごとでの過去勝率が閲覧できます。

時間帯での勝率や通貨ごとの勝率を把握しておくだけでも、エントリーの有効性が増すといえるでしょう。

この通貨はエントリーしない方がいい、この時間は勝率が高いといった自身でのエントリー判断ができますね。

ForexDogのサインツールは、Analyze Laboという会社で行われたバイナリーオプション大会で優勝している実績があります。

実績、安全性共に充分のサインツールと言えるでしょう。

こちらのサインツールはMT4上に表示するものではなく、直接ハイローオーストラリア画面にエントリーサインが表示されます。

・Level1(H1/L1)・・・勝率60.65%、取引回数89328回
・Level2(H2/L2)・・・勝率63.79%、取引回数38672回
・Level3(H3/L3)・・・勝率66.21%、取引回数17845回

上記3つのツールがありますが、過去10年間でこれだけの高い勝率を安定して出し続けています。

バイナリーオプションでは通常の15分取引の場合、ペイアウトが1.85%です。

1.85%であれば取引の損益分岐点は54.05%となります。

つまり、勝率が約55%以上あれば、転売などをしていない限り利益が出る仕組みです。

Level3の勝率は勝率66.21%とかなり高いため、利益が出やすいといっていいでしょう。

もちろんサイン通りにエントリーするだけなので、相場分析に自信がない方や、バイナリーオプションをこれから始めたいという方には最適のツールといえます。

ForexDogの詳細

ForexDogは初月29,800円(税込み)翌月から20,000円(税込み)から始められます。

10日間は無料のお試し期間となっており、その期間で利益が得られなかった場合には解約をすれば一切のお金が発生しません。

お困りごとや不明点は、公式LINEサポート窓口に問い合わせれば解決します。

ForexDogの提供するチャンピオンハイローで利益をあげてみてください。

チャンピオンハイロー(Champion HIgh/Low)は勝てる?口コミと評判を調査バイナリーオプションのシグナルツールとして、チャンピオンハイローという興味深いツールが登場しました。 バイナリーオプションのコンテ...

カピクロトレーダー兼プログラマー

カピクロトレーダー兼プログラマーでは、バイナリーオプションで使えるサインツールを自身の出した希望で作成を行ってくれます。

例えば「ストキャスティクスが70以上、ローソク足の平均値が2倍、ボリンジャーバンド2σタッチ」といった自由な希望が出せる仕組みです。

その都度、通貨ペアや時間帯での勝率も公開してくれるので、前述したForexDogのように通貨選択や取引時間の精査ができるようになっています。

またサインツール作成だけでなく、各種サービスが豊富であることも魅力の1つです。

・ロジック開発
・インジゲーター作成
・バックテスト代行

このようにバイナリーオプションに特化したサービスが豊富にあり、ロジックが定まっていない方でも気軽に相談して手法の確立が行えます。

このプログラマーさん自身が多くの手法のバックテストデータを取得しているので、様々なインジゲーターの組み合わせや相場状況によるツールを作成してくれます。

ロジックを増やしたい方や、手法が定まっていない方、自身の手法にいまいち自身が持てない方は気軽に相談してみるといいでしょう。

カピクロトレーダー兼プログラマーの詳細

カピクロトレーダー兼プログラマーでのロジック作成、インジゲーター作成、サインツール作成は全てHPからの問い合わせとなります。

HPのcontactページから、名前、メールアドレス、問い合わせ内容を細かく記載して送りましょう。

バイナリーオプションに特化したツールを代行して作ってくれるため、ロジックが定まっていない方や自身のすでに持つロジックの勝率が知りたい方は気軽に相談しましょう。

サインツールの注意点

次に、サインツールの注意点を解説します。

サインツールは、バイナリーオプションを行ううえでとても便利なものですが、使い方や選定の際には注意すべき点が多くあるのです。

詳しく見ていきましょう。

過度な勝率の表示に注意

バイナリーオプションのサインツールでは「勝率98%!」といった、考えられないような勝率を謳い文句に販売されているものがあります。

どんなプロトレーダーでも負けることがあるので、勝率が100%に近い数字というのは現実的ではありません。

どんなに高くても、勝率70%台が最高であると覚えておくといいでしょう。

また、そのように強い手法があればハイローオーストラリアはつぶれてなくなる可能性があるので、基本的に勝率が高すぎる文言は怪しい商材といえます。

マーチンゲールを利用したサインツール

サインツールの中には、マーチンゲールを必須としたサインツールも存在します。

マーチンゲールとは?!
取引に負けた場合勝つまでbet額を倍々形式で上げていく手法。
カジノなどで良く用いられる。

マーチンゲールの取引は一見有効そうに見えますが、資金を溶かしやすい手法としても有名です。

バイナリーオプションでのマーチンは、1回負けたら次の判定時間で倍額のエントリーをするといった形式で行われる傾向にあります。

・1000円bet負け→1000円の損失
・2000円bet負け→3000円の損失
・4000円bet負け→8000円の損失

このように、連敗してしまうと損失額が大きくなってしまう事から、逆張りを狙う際にトレンド相場の発生した場合に大きく資金を溶かしてしまう可能性があります。

また、サインツールは売買シグナルに基づいて取引を行うので、マーチンゲール推奨しているツールは無根拠なものが多いです。

マーチン手法ではなく、単発取引での勝率開示や過去データを表記しているものを選びましょう。

サインツールだけでは相場の勉強ができない

サインツールのみを見てエントリーすると、淡々とエントリーは出来ますが相場の知識が身に付かないデメリットがあります。

サインツールを使うにしても、取引で負けた場合の反省は行うようにしていきましょう。

反省するポイント
・通貨ペアの相関性
・時間帯
・経済指標の有無
・相場のボラティリティ

あくまでも一例ですが、このようなポイントは特に抑えておいた方が自身の能力が向上していきます。

勝率の高いツールでエントリーするのもいいですが、自身の目で相場状況や負けた時の振り返りをすることでさらに高い勝率が目指せるようになるのです。

あまりにも高額なものを購入しない

サインツールには100万円近くするものが多く存在します。

あまりに高額なツールを購入してしまうと、バイナリーオプションで取引してツ―ル代を回収するのに時間がかかってしまいます。

また、もしそれが勝てないツールであった場合は、高額なツール代を捨ててしまうことになってしまうのです。

自身の予算と照らし合わせる必要はありますが、投資資金がなくなるような金額のツールを甘い言葉に誘われて購入しない事が重要です。

ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

『ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。