入金不要ボーナスを受け取る☟
ハイローの基礎知識

ハイローオーストラリアは安全?他のバイナリーオプション業者と比較してみた

ハイローオーストラリアは安全な業者?と不安に思われる人も居るはずです。海外業者というだけで、敬遠する人もいるのではないでしょうか。
ただ、安心してください。ハイローオーストラリアは安全の業者です。

ではなぜハイローオーストラリアは安全と言えるのでしょうか。その理由を、他社との比較も含め確認していきましょう。

ハイローオーストラリアは安全性が高い

最初に、ハイローオーストラリアの安全性について見ていきましょう。

マーシャル諸島共和国の事業会社法の規定で営業している

ハイローオーストラリアは、マーシャル諸島共和国の事業会社法の規定で営業しているとホームページに明記しています。会社概要には、付与されている会社番号も明記されていることから間違いありません。

「ハイローオーストラリアは日本の金融庁の認可を受けていない」という口コミも散見されますが、それは仕方のないことです。
海外バイナリーオプション業者は、日本の金融庁の認可を受けていません。

それで安全性は大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、取得できない理由があるのです。
日本の金融庁は海外バイナリーオプション業者のような超短期取引を規制しています。つまり、認可を受けるには30秒取引などを止めなければいけません。そうなるとハイローオーストラリアの魅力は半減以下です。

ハイローオーストラリアが今までのサービスを続けるためには、オーストラリアから出る必要がありました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ハイローオーストラリアの移行問題を改めて考察してみた【2020年最新】2019年6月、ハイローオーストラリアを利用しているトレーダーに、衝撃的な出来事が起こりました。 ハイローオーストラリアから、口座移行...

超短期取引のサービスを続けるためには、日本の金融庁の認可を受けることができません。その変わりに、マーシャル諸島共和国の事業会社方に則り、会社番号を取得して営業を続けているのです。
日本の金融庁の認可を受けてない=安全性が低いとまで言い切ることはできません。マーシャル諸島共和国に認められ、会社番号を取得したという事実は、安全性の高さを裏付けています。

資金は分別管理を採用

ハイローオーストラリアでは、資金管理について分別管理を採用していると明記しています。
分別管理とは、アカウントを作成したトレーダーが取引をするために入金した資金と、運営するための資金を別の銀行口座で管理する方法です。
トレーダーが預けている資金が、ハイローオーストラリアの運営に流用される心配がなく安全性が高い管理方法と言えます。

専門職業賠償責任保険に加入

ハイローオーストラリアは、専門職業賠償責任保険に加入していると明記をしています。一般的に保険に加入するためには、それなりの信頼性が問われ、疑われると加入は認められません。専門職業賠償責任保険に加入していると明記するのは、安全性の高さを示しています。

レート配信元の公表

ハイローオーストラリアでは、公平性を示すため、レートの配信元を公表しています。レートの配信元を公表することで、取引の平等性を示しているのです。
ハイローオーストラリアの独自レートを利用していないことから、安全性の高さがうかがえます。

日本人による電話サポートが受けられる

ハイローオーストラリアの安全性の高さは、サポートからもわかります。ハイローオーストラリアでは、日本人による電話サポートが受けられるのです。これは、利用者にとって安心安全が守られていると感じることができるサービスではないでしょうか。

メールでのサポートは当然です。サポートのない業者への登録など考えられません。当たり前以上のサービスを提供している、それが嬉しいと思いませんか?
電話サポートが受けられるのは、海外業社でめったにあることではありません。安全に自信があるからこそできるサービスです。

出金日数の公表とスピードの早さ

ハイローオーストラリアでは、出金にかかる日数を明確に表記しており、午前中までに受けた出金依頼は、最短翌日には指定口座へと入金が完了(銀行営業日によって異なる)されます。さらに手数料は何度利用しても無料です。

口コミに出金拒否などの内容が見られない

出金日数を曖昧に公表していないことから、出金に関するトラブルなどの口コミが見られません。
万が一出金拒否を受けたという人がいるのならば、それはトレーダー側に問題がある可能性が大です。詳しくはこちらの記事も確認してください。

ハイローオーストラリアで出金拒否?実は出金できない業者ってホント!?ハイローオーストラリアは出金拒否をする業者ではありません。しかし、出金拒否になる事例が全くないわけではありません。このページでは、ハイローで出金拒否になる事例と、万が一出金拒否になってしまったときの対処法について詳しく解説します。出金トラブル回避のため、是非参考にしてください。...

ドットコムになって安全性が低下?

ハイローオーストラリアは、2019年にハイロードットコムへと変更されました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ハイロードットコム(highlow.com)とは?ハイローオーストラリアとの違いを解説しますこのページでは、ハイロードットコムとは何かについてわかりやすく解説しています。ハイローオーストラリアがなぜハイロードットコムと呼ばれるようになったのか、また両社の違いに何があるのかがわかります。ハイロードットコムが知りたい方は、是非チェックしてください。...

ハイロードットコムに変更されたことにより、安全性が低下したという話もあります。
見た目の安全性は確かに低下しました。

金融ライセンスについて

ハイローオーストラリアでは、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)の金融ライセンスを取得して業務を行っていました。
ハイロードットコムは、ホームページの記載内容からマーシャル諸島共和国事業会社法に則った法人登記のみと思われます。

マーシャル諸島共和国の法律が、どのような判断のもとで会社登録されているかまではわかりません。会社番号の表記だけで認めている可能性もありますし、その国で業務を開始してからライセンス取得までにある程度の年数が必要の場合もあります。
ただ、金融ライセンス取得と明記されていない点は、見た目の安全性が低下してと受取られても仕方ありません。

保険加入の表記

ハイローオーストラリアでは、世界的にも有名なロイズ保険組合に加入していると明記されていました。
ハイロードットコムでは、専門職業賠償責任保険の加入としか明記されていません。

ロイズ保険への加入の可否は、業務内容も重要な判断基準です。ロイズ保険に加入しているという事実だけで、安全性が高いと言えます。
ハイロードットコムでその名称を出していないということは、現在は他の保険に加入しているのでは?との判断ができます。

名称を出さないということとは、ロイズ保険よりも有名でないこと意味すると思えませんか?
これもやはり見た目の安全性が低下したと言わざるを得ません。

ハイローオーストラリアの実績は受け継がれている

確かに見た目の安全性は低下したかもしれませんが、ハイロードットコムの経営陣が変更したわけではありません。ハイローオーストラリアの安全性は、ハイロードットコムに確かに受け継がれています。
その証拠に、ハイロードットコムで出金拒否があったという口コミは見られません。

今までの実績があるからこそ、ハイローオーストラリアの人気が衰えないのです。利用者の増加が安全の証拠とも言えます。

ハイローと競合他社を比較

ハイローオーストラリアの安全性について、他のバイナリーオプション業者と比較をしてみましょう。

金融ライセンスと保険の有無を比較

業者名 金融ライセンス 保険の加入
ハイローオーストラリア マーシャル諸島共和国
事業会社法(法人登記)
専門職業賠償責任保険
ファイブスターズマーケッツ 不明
ザ・オプション バヌアツ共和国
金融ライセンス取得
バヌアツ共和国のライセンス規定に加入義務あり
トレード200 不明
ソニックオプション 不明
ザ・バイナリー 不明
ジェットオプション 不明
ゼントレーダー セントビンセント・グラナディーン金融ライセンス取得 不明
ワールドクリプトバイナリー 不明

ザ・オプションとゼントレーダー以外は、金融ライセンスの取得をホームページに記載していません。金融ライセンスや保険の加入はそれだけで信用度が上がるもの、記載がないということは加入していないと判断ができます。

ハイローオーストラリアも、ライセンスの加入を記載していません。ただ先ほども説明したとおり、ライセンス取得に関しマーシャル諸島共和国に何らかの規定があるのかもしれないことから、以前の実績から考えてもライセンスを取得している2業者に引けを取っているとは思えません。
よってここでは、ハイローオーストラリア、ザ・オプション、ゼントレーダーの安全性が高いと判断できます。

資金管理とレート配信の公表で比較

業者名 資金管理 レート配信の公表
ハイローオーストラリア 分別管理
ファイブスターズマーケッツ 不明
ザ・オプション 分別管理
トレード200 不明
ソニックオプション 不明
ザ・バイナリー 不明
ジェットオプション 不明
ゼントレーダー 不明
ワールドクリプトバイナリー 不明

ほとんどの海外業者が記載をしていません。9社中2社しか記載をしていないことから、ハイローオーストラリアとザ・オプションは、トレーダーの気持ちを汲んでいる業者だということがわかりました。

先ほどと同様、公表することにデメリットはないはず、トレーダーの信頼を得るためには公表すべき内容です。それをされていないのならば、資金管理や公平性に不安を抱きます。

ハイローオーストラリアとザ・オプションの安全性が際立つ結果となりました。

出金日数とサポート対応内容

業者名 出金日数 ポート対応内容
ハイローオーストラリア 最短翌日 メールおよび電話対応
ファイブスターズマーケッツ 14営業日 メールのみ
ザ・オプション 当日から3日程度 メールのみ
トレード200 当日から10日程度 メールのみ
ソニックオプション 5営業日 メールのみ
ザ・バイナリー 5営業日 メールのみ
ジェットオプション 5営業日 メールのみ
ゼントレーダー 1日から3日程度 チャットとメール
ワールドクリプトバイナリー 5日から9日程 メールのみ

すべてのホームページを見ましたが、出金日数に曖昧なイメージを持たないのはハイローオーストラリアだけ、それだけで安全性が確保されているイメージが持てます。日本の銀行口座への振り込み対応でのみですが、一番利用される出金方法のはずです。それが何度でも無料で、すばやく着金するサービスは圧倒的と思います。

また、サポート対応に関しても、電話で直接話せるのはハイローオーストラリアのみです。他の業者は、話すことができません。これ以上のない安全性を感じることができました。

まとめ

確かに、ハイローオーストラリアのときと比べると見た目の安全性は低下しました。しかし、今までの実績がすべて否定されるものではありません。その理由が他社との安全性の違いです。

ハイローオーストラリアの安全性は、他社と比べても頭一つ飛び出ています。
以上のことから、ハイローオーストラリアの安全性は高いと言った理由がわかっていただけたでしょうか。
バイナリーオプション取引を海外業者で行うのならば、安全性の高いハイローオーストラリアが一番おすすめです。

ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

『ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。