入金不要ボーナスを受け取る☟

ハイローオーストラリアで住民票は使える?住基カードでも代用可能?

ハイローオーストラリアの手続きで、住民票が必要になることはあるのでしょうか?一般的に住民票は、誰でも取得が可能な観点と本人写真が付いていないことから、本人確認書類としては不十分とされています。

このページでは、ハイローオーストラリアを利用するにあたり、住民票が必要になるときがあるかどうかを解説していきます。

住民票が必要になるケース

それでは、ハイローオーストラリアで住民票が必要となるケースを解説していきます。

ログインができない状態でアドレスを変更したいとき

何らかのアクシデントによりハイローオーストラリアにログインできない状態になり、同時にメールアドレスの変更が必要となる状況に陥ったとしましょう。
そのようなときは、住民票か口座開設時に提出していない本人確認書類を利用して、新たなメールアドレスから書類を送信することによりアドレスの変更ができます。

あまり考えられないレアなケースかもしれませんが、久しぶりにハイローオーストラリアで取引がしたくなった、昔利用していたパソコンでしかIDがわからないなど、予想だにしていない状況が訪れるかもしれません。
メールアドレスを変更するさいに、住民票が使えると覚えておきましょう。

他に住民票が必要となるケースはなし

ハイローオーストラリアの「よくあるご質問」から検索をしても、他に住民表が必要となるケースはありませんでした。
口座開設や本人確認でも、提出を求められることはありません。

住民票は本人確認書類としては不十分です。
例えば、郵便物の不在通知が投函されており、郵便局の窓口に受取りに行ったとします。
この際に郵便物を受け取る書類として住民票を提出しても、本人確認書類としては認められず受け取ることができません。

住民表は住所の確認ができても、公的に不十分な書類のようです。
そのため、ハイローオーストラリアも本人確認書類として認めていないと考えられます。住民表は、このような状況で活躍をする書類ではありません。

ログインができない状況でメールアドレスを変更するのもレアなケース、そう考えるとハイローオーストラリアで住民票を利用する人はいないに等しいと考えてよいかもしれません。

住基カードで代用できる?

住基カードとは住民基本台帳カードの略称で、マイナンバーカードの利用開始にともない平成27年12月で交付がすでに終了しています。

住基カードとは(外部リンク)

住基カードには2種類あり、本人の顔写真付きとそうでないものがありました。
「持ち歩ける住民票」という別名もあり、顔写真付きで有効期限内の住基カードならば、住民票よりも信頼性の高い本人確認資料となります。

住民票よりも信頼の高い住基カードですが、ハイローオーストラリアの提出書類として利用ができるのでしょうか?
これは、その都度ハイローオーストラリアに確認をしてみなければわかりません。

住基カードは、マイナンバーカードを取得した際に返納をします。
ハイローオーストラリアは以前、本人確認書類の一つとして住基カードを認めていました。しかし、現在は住基カードの名称はなくなり、マイナンバーカードが表記されています。

ハイローオーストラリアにマイナンバーカードの提出は不要!?その理由とは?ハイローオーストラリアはマイナンバーカードの提出を求められることがありますが、マイナンバーで本人確認を行うことはあまりおすすめできません。このページでは、なぜマイナンバーを利用するべきではないのか、登録するメリットがあるのかを解説します。...

住基カードの有効期限は発行から10年です。その期間ならば代用ができるようにも思えますが、最終的な判断はハイローオーストラリアが決めますので、提出をする前にサポートへ確認をしましょう。

確認をするのが面倒ならば、メールアドレスの変更は住民票を取得してから行うことをおすすめします。

住民票を提出するときの注意点

メールアドレスの変更時に住民票を提出するときは、発行日に注意をしましょう。
一般的に住民票を提出する場合、〇カ月以内に発行されたものであることなど、注意書きがされているケースがほとんどです。

ハイローオーストラリアで住民表が必要となるケースは、メールアドレスの変更時のみ、さらにはログインができないというおまけつきです。
そのような特殊な状況で必要なことから、〇カ月以内に発行のものという記載はされていません。
他の状況で、3カ月以内や6カ月以内の住民表であることという説明をよく見かけますが、ハイローオーストラリアがどのように判断しているかは不明です。

もしメールアドレスの変更で住民票を提出するときはその点を踏まえ、できるだけ発行日が新しいものを利用するようにしましょう。
発行日が古いため再提出と言われても面倒です。メールアドレスの変更が必要になったときは、古い住民票が運よくあったから利用しようと考えず、新たに取得してから活用するようにしてください。

また、本籍の記載は必要ありません。本籍の記載がある住民票を提出しないよう注意をしましょう。

ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

『ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。