入金不要ボーナスを受け取る☟

ハイローオーストラリアは両建てで凍結する!?【転売を使ってもNG】

  • バイナリーオプションの両建てとはどんな手法?
  • ハイローオーストラリアで両建てをする口座凍結するって本当?
  • 両建てで取引をするリスク

上記のお悩み・疑問を解決できる記事となっています。

結論からいうと、ハイローオーストラリアでは両建ては使えない手法となりました。(※理由は後に解説しています)
MatchedOrder
これから紹介する『バイナリーオプションの両建ての危険性と有効に使えるケースはあるのか?』を見れば、口座凍結などの危険性を回避しつつ、リスクや損失を抑えた取引ができるようになりますよ。

他サイトでは、「両建て」を使ったリスクの高い手法を紹介していますが、仮に両建てで利益が出たとしても、口座が凍結してしまっては意味がありません。

まずは、両建てがなぜ危険と言われているのか?口座凍結になる理由などから見ていきましょう。

ハイローオーストラリアで両建ては危険

2020年9月、ハイローオーストラリアで両建てエントリーが禁止となりました。両建ては稼げる手法として推奨しているサイトもありますが、現在はまったくおすすめできない手法です。

ハイローオーストラリアで「両建て」を行うのは、口座凍結になる可能性があります。

ハイローオーストラリアで口座凍結!?凍結対策を徹底解説【出金できる?】ハイローオーストラリアは様々な要因により口座凍結します。 転売や稼ぎすぎがその原因という噂もあり、このページではハイローの口座凍結のルールと対策、解除法について解説します。制限を受けた限定凍結と完全凍結の違いについても解説しておりますので、是非参考にしてください。...
口座凍結のルールについては別記事で解説しています。
このページでは両建てに絞って解説します。

もし、口座凍結になれば利益分も没収されるので、損失よりも大きなリスクになると考えられます。


上記は、両建てをした方のツイートです。

判定は確かに際どいですが、予測した「HIGH」が的中しているはず。しかし、取引判定は「負け」になっています。

これは、ハイローオーストラリアが不正だと判断し、約定拒否をしたと考えられます。

このリスクは非常に大きなもので、軽はずみな考えで「良い」とは決しておすすめできない手法です。

「両建て」で口座凍結になる理由は2020年9月にハイローオーストラリアの規約が変わったことが関係します。

ハイローオーストラリアの契約条件に「両建注文」を禁止するという記載が追加されていました。

ネット上では「両建ては稼げる!」と書いた記事が溢れていますが、あれは以前のルールのものです。

以前は稼げましたが、今は使えない手法となりました。

両建てのルールを知らない方にとっては意味のわからない話だとおもいますので、ここからは「両建てとはそもそもどんな手法なのか」を見ていきます。

ハイローオーストラリアの両建てのルール

MatchedOrder
両建てとはどんな手法?
  1. HighとLowどちらにも連続でエントリー
  2. どちらかは確実に勝てる
  3. 利益をだしやすい
  4. 損失を最小限にできる

ハイローオーストラリアでの「両建て」とは、一般的に同じ通貨ペアでHighとLowのどちらにもポジションをとるだけの手法です。

なので、特に難しい分析などは必要ありません。そういった理由から、「両建て」は分析が苦手な初心者などにも人気を集めていました。

ネット上にも多くの攻略法があふれており、「両建て」の人気を証明しています。

Matched-Order

両建てが禁止になる以前も、機械的にHighとLowにエントリーをしていると判断されたり、自動売買ツールの使用を疑われたりして口座凍結になるひとも続出していました。

そういったことから、投資家の間では「禁断の攻略法」などとも呼ばれています。

両建ては基本的に「連続」してポジションをとることと覚えておけばOK。

他にも「両建て」は、HighとLowのどちらにもエントリーをすることで、損失を最小限に抑えることもできる。

たとえば、ドル/円の取引で価格が上がること(High)を予測し、HIGHにエントリーをしたけれど、予測がはずれ価格が下がった(LOW)とします。

そこで、同じ数量をLOWにエントリーをしておくことで、損失を最小限でおさえることができます。

大きく稼ぐのは難しいけど、損失は小さくできるのが両建ての特徴!

ハイローオーストラリアで両建ては[禁止]されました

ハイローオーストラリアでの禁止行為を下記にまとめてみました。

ハイローの禁止行為(契約条件より)

  • 自動売買ツールの使用
  • シグナル配信の使用
  • スキャルピング行為
  • 仮想サーバーでの取引
  • 両建てエントリー←2020年に新しく追加!

上記のとおり。

規約には以下のようにしっかりと禁止事項が記載されています。

ハイローオーストラリア契約条件より
MatchedOrder7
6.15 お客様は、実行すると私たちの適用法令違反となる疑いのあるオプション、もしくは私たちまたは他の人に適用法令違反を犯させることになる疑いのあるオプションを行うように、注文指示を出してはなりません。適用法令(いかなる法令もしくは規則も含みますが、これらに限定はされません)が関連しているのは、以下の事項です:

(a) 市場操作、虚偽の取引、市場不正操作、架空取引、ブラックボックス取引、スキャルピング、偽装売買、もしくは両建注文

上記の規約を見てわかるとおり、文末に「両建注文」が追記されています。

両建てが禁止になった理由ははっきりはわかりませんが、投資家の間では「両建ての攻略が広まり、両建てで勝つ人が続出したから」や、「自動売買ツールと取引の動きが似ているため」などと噂されています。

一度口座凍結されてしまうと、いくら稼げていても利益分を没収されることになるので絶対に使ってはいけない手法となりました。

自動売買ツールは使わない!ってのと同じくらい、両建ても使ってはいけない手法になったのです。

転売をつかった「両建て」

MatchedOrder2

ハイローオーストラリアには「転売」という機能があります。

転売ってなに?

ハイローオーストラリアの転売とは、エントリーを行ったあとで判定時刻がくる前に利益、もしくが損失を決定させる機能のこと。FXでいうところの利確と損切になります。

※転売については、過去記事に詳しく記載しております。

ハイローオーストラリアの転売とは!?ハイローは転売だけで稼げる?ハイローオーストラリアの転売とは何かを基礎から解説します。転売は便利ですが、ペイアウト率が下がるというデメリットがあります。転売のやり方や、転売だけでハイロー取引で稼ぐ方法を解説しています。使いこなせが必ず役に立つので、転売機能を使いたい方はぜひ参考にしてください。...

両建てを利用する場合、「転売と併用する手法」をつかう投資家がほとんど。

MatchedOrder
両建てと転売
  1. HighとLowに同時エントリー
  2. 転売を利用して利確・損切り

上記のように、両建てと転売をうまく使いこなしコツコツとポジションをとって投資をする方法が推奨されていました。

今は、これも使えませんよ…。

両建てで稼ぐのは難しい

上記はいままで使えた手法。しかし、今後は口座凍結のリスクがあるので「両建て」を使わない方が無難です。

もともとは、分析が苦手な人がすこしでも損失を抑えるために利用されていた手法なので、「両建て」が禁止となった今、口座凍結のリスクをおってまでもするようなものではありません。

「両建て」の抑えるポイント
  1. 2つのポジション両方が損失になる可能性あり
  2. 両建ては利益を大きく増やせるものではない
  3. 口座凍結になる可能性が非常に高い

両建て手法をおこなうと、High/Lowのどちらも損失になる恐れがあります。

なぜなら、判定までに予測した価格に達しなければ利益にならないからです。

両建ては本来、利益を増やすためのものではなく損失を一定に抑えることが目的なので、大きく稼ぐための手法ではありません。

転売をつかっても、途中でポジションを手放してしまうので、ペイアウト額は満額もらえるわけでもないのです。

このようにデメリットとリスクを踏まえた上で両建てをするべきか?考えると、デメリットの方が大きいことがわかります。

口座凍結はハイローオーストラリアで取引をするにあたって最大のリスクですので、「両建て」をつかわない攻略を試してみるところから始める方がいいのではないかと思います。

両建てはハイローオーストラリアで正式に禁止されたので、両建てを利用するメリットよりも口座凍結の可能性があるというデメリットの方が大きいので推奨しません。

ネットの両建て推奨を鵜呑みにしては危険!

両建てが有効なケースはあるの?

結論からいうと、両建てが有効なケースはありません。

ハイローオーストラリアでの両建てはデメリットが多く、リスクも高いので両建てをどうしても利用したいのであれば別の業者を利用することをおすすめします。

両建てには「口座凍結」のリスクがあるため、両建て以外の戦略で裁量を磨いていくといいでしょう。

初心者が覚えるべき攻略法2つ
  1. トレンドに沿った順張り取引き
  2. トレーダースチョイスを活用する

上記2つは、初心者でも取り入れやすい戦略です。両建ては禁止になりましたが、他にも手法はたくさんあるので、そちらで利益を積み上げていきましょう!

では、1つずつ簡単に解説します。

トレンドに沿った順張り取引

トレンドに沿った順張りとは?

チャートが右肩あがりの場合はHigh、右肩下がりの場合はLowに投資。これが、トレンド(流れ)にそった順張り手法です。

画像付きで解説します。

MatchedOrder

チャートが上がっているのを確認したので、1000円でエントリー。

MatchedOrder

このまま右に上がっていくこと予測しながら5分後の判定を待ちます。

MatchedOrder

判定結果は、勝ち。

これが、トレンドに対し順張りでエントリーする手法です。口座開設したての方でもマスターしやすい手法なのがコレ。

ハイローオーストラリア攻略ストラテジー!ハイローで勝てる手法3選終身雇用のなくなる時代と言われている現代社会では、投資を始める人が増えてきました。 その中でもバイナリーオプション取引であるハイロ...

トレーダースチョイスを活用した手法

MatchedOrder
トレーダースチョイスって?
  1. 取引画面左に表示される%のバーのこと
  2. 投資家たちのHigh/Lowの予測がどっちが多いか見れる
  3. 初心者にも取り入れやすい無料ツール

ハイローオーストラリアが提供する無料のツールです。

投資家たちのHigh/Lowの予測をリアルタイムに%でチェックできる便利機能。

この%は偏りが大きほど信頼度が高くなります。感覚としては「80%以上」があたりやすいですよ。
画像付きで見ていきます
MatchedOrder
上の画像のように、偶然Lowに偏っているチャートを見つけましたので、さっそくエントリー。

MatchedOrder

1000円でLOWにエントリーしました。判定が楽しみです。

MatchedOrder

判定結果は勝ちでした。

MatchedOrder

ペイアウト額が850円だったので、1000円エントリーしたのが、1850円で返ってきました。

10,000円でエントリーをしていれば、18500円です…。昔やっていた土木作業の日給より高い!

と、勝ち判定の時はこんな妄想をしますが、資金管理は大事なので感情に左右されないよう、エントリー金額は勝っても負けても1000円で固定にしています。

上記のように、両建て以外にも初心者でも使えるようなシンプルな攻略がいろいろあります。

ハイローオーストラリアには無料のデモ取引があるので、試しながら自分にあった戦略を見つけていくといいですよ。

※ハイローオーストラリアをまだ試したことがない方は、「ハイローオーストラリアのデモの手順【クイックデモで無料体験】」で、デモの始め方を解説しています。まずは遊び感覚でいいのでデモで試してみるといいです。

勝てたら万々歳だし、負けてもデモならリスクゼロなので。

ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

『ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。