ハイローの攻略法

ハイローオーストラリアは損切り・利確が重要!決断のポイントを解説

ハイローオーストラリアは、エントリーしてから判定時間までに相場が上がるか下がるかを予想するシンプルな投資方法です。

ハイローオーストラリアでは、損切りや利確(利益確定)が重要です。

本記事では、ハイローオーストラリアでの損切り・利確方法や注意点について詳しく解説していきます。

損切りとは

そもそも損切りとは、FXや株式投資などの自身で決済をする投資で使われる言葉です。

エントリー後に損失が出ている状態で「これ以上損失を出さないために許容額で決済する」ことを指します。

相場の方向がエントリーした方向と逆に進んでいる状況では、どんどん損失が膨らんでいきますが、損切りをすることで損失を限定することが可能です。

ハイローオーストラリアではエントリー後に判定時間を待って勝てばペイアウト率に沿った金額が付与されますが、FXや株式投資のような損切りもできます。

ハイローオーストラリアには、転売という機能が搭載されており、判定時間前に途中決済ができます。
  • 転売して損切り→損失が限定できる
  • 判定時間を迎え負ける→エントリーした金額全て失う

転売機能は30秒や1分のような短期判定ではできず、3分以上の取引方法でしか転売はできません。

転売機能は判定時間の1分前まで利用可能です。1分を超えると損切りができず、判定時間まで待つことになります。

ハイローオーストラリアは転売で損切りできる

ハイローオーストラリアで損切りをする手順を紹介します。

まずは、ハイローオーストラリアのマイアカウントにログインをして、エントリーする通貨を選びましょう。

判定時間は任意ですが、長めの判定時間であればあるほど損切りを判断するまでの時間に猶予ができます。

  • 3分判定→エントリー後2分間の間で損切りが可能
  • 5分判定→エントリー後4分の間で損切りが可能
  • 15分判定→エントリー後14分の間で損切りが可能
  • 1時間判定→エントリー後59分の間で損切りが可能

銘柄や判定時間を選択できたら、狙ったポイントでエントリーをしていきます。

上昇予想に対して、実際の価格は大きく下落していることが分かります。

損切りをしたいと判断したら、画面左にある矢印をクリックしましょう。

5000円エントリーに対して、転売時のペイアウトが1429円と表示されているのが分かります。

数字の右側に記載された「転売」をクリックすれば、損切りが可能です。

ハイローオーストラリアは転売のやりすぎに注意!転売で稼ぐ手法を紹介ハイローオーストラリアの転売とは何かを基礎から解説します。転売は便利ですが、ペイアウト率が下がるというデメリットがあります。転売のやり方や、転売だけでハイロー取引で稼ぐ方法を解説しています。使いこなせが必ず役に立つので、転売機能を使いたい方はぜひ参考にしてください。...

このまま相場が下落して判定を迎えれば損失として5000円のマイナスとなりますが、転売で損切りをしたことで損失額は5000円-1429円=3571円で済んだということです。

利益確定の決済もできる

転売を使えば、損切りだけでなく利益確定の決済もできます。

利確(利益確定)
ある程度の利益が出たポイントで途中決済をすること

エントリー後に相場が望んだ方向に進んだとします。

すると、転売画面で転売率が1.0%以上の金額で表示され、途中決済をしても利益が出ている状態となります。

1.0倍以上のタイミングで転売をすることで、判定時間を待たずして途中決済による利確ができる仕組みです。

上の例では、エントリー金額5000円に対して転売時のペイアウト額が5899円になっていることが分かります。

同タイミングで決済をすることで5899円-5000円=899円の利益を確定させることが可能です。

急騰急落を見せるマーケットオープンや経済指標の際いは、転売率が1.70倍以上になる場合もあります。判定時間までどうしても待てないという方には向いています。

損切りをせず判定を待つのがおすすめ

ハイローオーストラリアでは、損切をせずに判定時間までの満期を待つのがおすすめです。

損切りを行うのは決して無駄ではないと言えますが、仮に損切りをしたポイントで必ず負けてしまうとは限りません。

一時的には損失方向へ転んだ相場も、判定時間までには逆転しているといったケースも少なくないです。

また、損切りをするための転売は、ハイローオーストラリア側に有利なルールとされています。

なぜ損切りが推奨できないのか、注意点も含めて詳しく見ていきましょう。

ペイアウトが0円になる場合がある

損失方向に進んだからと言って、必ず損切りができるとは限りません。

転売のレートは、エントリーした数値と現在数値のかけ離れ具合で決定します。

転売時のレートがエントリー数値から逆方向に大きく離れていると、転売金額が0円になってしまうことがあるのです。

転売金額が0円の状態では、損切りをしたとしても判定時間が来て負けてしまった状態と変わりません。

エントリー金額の一部資金が返ってくる転売率が付いた状態では問題ないですが、あまりにも低い額になってしまっては損切りをする意味はないと言えるでしょう。

最初から損切りを意識したエントリーをしていると、転売金額が0円になった際に対応できなくなります。基本的には満期まで待つようにしましょう。

転売金額は常にハイロー側へ有利な設定

損切りや利益確定による転売をしても、転売金額は常にハイローオーストラリア側へ有利なレートが設定されています。

上の画像では、ハイエントリーをして緑の矢印が付いているので、エントリー数値よりも現在レートが上昇方向に進んでいる状態です。

しかし、転売額を見ると5000円エントリーに対して4808円と少しのマイナスになっていることが分かります。

値動きの少ない時間帯や通貨で、エントリー数値と現在数値が同じ状況での転売レートを見てみましょう。

エントリー数値と現在数値が同じにも関わらず、5000円エントリーに対して転売時のペイアウトは4499円と約500円の損失が出ている状態です。

このように、転売はハイロー側にとって有利なルールであり、ユーザー側は利益を出しにくい仕組みとなっていることから、極度な損切りや利益確定はおすすめできません。

損切りをする瞬間に転売額が変わることも

損切り時の転売金額は、必ず表示された金額で実行できるとは限りません。

為替相場は常に変動しているため、転売ボタンを押した瞬間の急騰や急落で大きな損失を出してしまう可能性もあります。

それまではある程度の損失で済んでいても、相場の変動によっては0円で決済されているというケースも少なくないのです。

利確の場合も同様で、狙った金額で決済できるわけではないので注意しましょう。

ハイローオーストラリアで損切りするべき場面

ハイローオーストラリアでの損切りは基本的におすすめできませんが、一部以下のようなケースでは損切りを行うことも問題ないでしょう。

  • エントリーの方向やエントリー資金を間違えた場合
  • 根拠がないポイントでエントリーしてしまった場合
  • エントリー中に勢いのある相場から、急に値動きが少なくなった場合

資金や根拠を間違ったポイントであれば、むしろ損切りをした方が良いです。

判定時間まで待った際に余計な損失をだしてしまう可能性があるので、損切りでダメージを軽減しておきましょう。

また、急に相場が動かなくなったなど、変動に対する損切りルールを自身で設定しておくことがおすすめです。

ハイローオーストラリアで大負け・ぼろ負けする原因は?やめ時を見極める方法ハイローオーストラリアで大負け、ぼろ負けする人は珍しくありません。大損をして失意のどん底に陥る人も少なくないですが、おお負けする人は必ず敗北する共通点があります。このページは、ハイローオーストラリアで大負けする人の特徴は、損失を回避する方法をまとめてみました。是非最後まで読んでください。...
適切なタイミングで損切りすることで、大負け、ボロ負けを回避できます。

資金管理で損失の許容ができる

ハイローオーストラリアのようなバイナリーオプション取引では、資金管理で損失の許容ができます。

1000円エントリーであれば1000円の損失、5000円エントリーであれば5000円の損失など、損失がエントリー金額を上回ることは絶対にありません。

損切りは、エントリー資金の一部を守る行為です。

エントリーした金額は負けても痛手がないという意識を持っていれば、損切りをしない判定時間までの満期を待った取引ができるでしょう。

バイナリーオプションでの損切りはその場しのぎの損失限定ができますが、多用することで長期的な利益が見込めません。損切りは日常的に行わず、基本的には期待値を持追った満期までの取引を行いましょう。
ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。

新規限定5,000円キャッシュバック