ハイローの基礎知識

ハイローオーストラリアのレクチャーは危険!?【自分で学ぶことも大事】

ハイローオーストラリアは少額から誰でも気軽に始められる投資サービスです。

そのため、FXなどの為替取引を経験せずに、まずはハイローオーストラリアでのバイナリー取引から始める方が多い傾向にあります。

手法がない方や分析能力のない方は、「誰かに教えてもらいたい」と考える方も多いでしょう。

そこで本記事では、ハイローオーストラリアのレクチャーというテーマで概要からメリット・デメリットまでを詳しく解説していきます。

レクチャーを受ける注意点なども併せて見ていきましょう。

ハイローオーストラリアのレクチャーが増加中

SNSなどで「バイナリーを教えます」といったレクチャーを勧誘する方がいます。
はっきりいうと、リスクや危険性も多いです。

このような方々をハイローオーストラリアのレクチャーまたはコンサルと言うのです。

主なターゲット層は以下のような方になります。

  • ハイローオーストラリアを始めてする方
  • 為替取引の経験がない方
  • 現状、ハイローオーストラリアで勝てていない方

上記のような方を対象に、ハイローオーストラリアの攻略法や分析手法をレクチャーしていくというものです。

日本ではこのようなレクチャー制度はグレーゾーンとなっているんですよ。

投資助言・代行業
第三者に投資する銘柄の指示やアドバイスを行う、有資格者でないと違法行為。

投資助言という銘柄を指示したりする事は、有資格者でないと行ってはいけないというルールが日本にはあります。

ハイローオーストラリアは海外業者である事から金融庁の認可を受けた企業ではありません。

日本での営業許可がないという性質上、ハイローオーストラリアのレクチャーはグレーゾーンと言われているのです。

現状では目立った取り締まりはないですが、今後取り締まり強化が行われる可能性は充分にあると覚えておきましょう。

レクチャーはメリットもある

まずは、ハイローオーストラリアのレクチャーを受けるメリットについて解説します。

相場分析の技術が向上する

ハイローオーストラリアは、為替相場が指定する判定時間に上がるか下がるかを予想する投資です。

2択であるためギャンブル要素が強いと考えられがちですが、しっかりとした相場分析をする必要があります。

  • 銘柄事の値動き傾向
  • 為替相場状況
  • 通貨の相関性
  • レンジ相場、トレンド相場といった相場事のインジゲーター
  • 経済指標や時間帯ごとの分析手法

上記はあくまでも最初に押さえておきたい目安の項目です。

ハイローオーストラリアは適当にエントリーしても勝てる時はありますが、そのまま勝ち続けていくには相当な運が必要となります。

相場分析ができないと長期的に継続して勝てませんが、為替初心者の方がいきなり始めても負ける可能性の方が高いです。

そこでハイローオーストラリアでの経験がある方にレクチャーを受けて、相場分析や手法を教わっていきます。

「何から勉強したらいいか分からない」「何を考えてチャート」を見るべきか分からないという方でも、人から直接教わることで分析能力の向上が見込める仕組みです。

エントリーポイントが分かる

レクチャーを受けることで、実際のエントリーポイントが分かるというメリットもあります。

トレーダーによってはZoomやLINEといった音声通話アプリを使って、リアルタイムでの相場解説をする方も多いです。

それを聞きながら自身でもエントリーすることで、高い期待値でのエントリーができます。

初心者の方や現状勝てていない方でも積極的にエントリーができるので、勉強をしつつ資金を増やしたいと考える方には最適と言えるでしょう。

ハイローオーストラリアでは初心者用にデモ口座が提供されており、実際に資金をかけない取引の練習が可能です。

しかしそれはあくまでも練習用口座のため、どんなにデモ口座内の資金が増えても出金はできません。

レクチャーであれば強いトレーダーの真似をしながらエントリーできるのでリアル口座で打つ方が多いんですよ。

ハイローオーストラリアでは集団取引が禁止されています。複数人が同じ箇所でエントリーをすると口座凍結や利益没収の要因となる場合もあるので注意しましょう。

特に変わった手法を用いており、他のトレーダーとエントリーが集中しにくい箇所での集団取引では凍結されやすいです。

  • 順張り手法
  • 24時間や1時間といった判定の長い取引
  • 株価指数などの人気の低い銘柄での取引

上記のような手法は使う方が少ないので、レクチャー時に同じエントリーをしてしまうとハイロー側からすぐに目を付けられます。

その場合には口座凍結などのペナルティも受けやすいので、エントリーをするにしても自己責任で行いましょう。

レクチャーをデメリットや注意点

ハイローオーストラリアでのレクチャーは、初心者や勝てない方に最適とも言えますが、実はデメリットも多いものです。

現状、レクチャーを受けたいと考えている方は、以下のデメリットもよく把握しておきましょう。

詐欺業者の可能性もある

ハイローオーストラリアのレクチャーでは、必ずプロトレーダーが行っているというわけではありません。

詐欺業者の方が多いと考えていいでしょう。

勝率80%以上の高勝率を謳っている人は、ほとんどの方がマーチンゲール手法を使っています。

マーチンゲール
取引に負けるごとに資金を倍にしてかけていく手法。

マーチンゲールは仮に高い勝率が出せたとしても、一瞬で資金を溶かす可能性が出る危険な手法です。

マーチンは勝てない理由記事でも詳しく紹介しているのでぜひご覧ください。

また、SNSで勧誘をしている業者のほとんどは詐欺業者であると考えていいでしょう。

多くの詐欺業者はたまたま連勝した際の履歴画像や、デモ口座で20万エントリーをして勝っている画像を掲載する傾向にあります。

高級ディナーの画像やブランド物を掲載してお金持ちアピールをするケースも多いですね。

モデルさんのような美女の写真をプロフィールに設定して、バイナリーの勧誘をするバイナリー女子という言葉も生まれたくらいです。

実際には勝てないほかでたらめなレクチャーをするケースが多いので、安易な勧誘には乗らないようにしましょう。

ただの配信グループの場合もある

レクチャーかと思ってグループなどに入会したら、ただの配信グループであったというケースもあります。

配信グループ
リアルタイムでのエントリーポイントを、LINEやテレグラムなどの文字で配信するグループ。

こういった配信グループは前述した集団取引という禁止行為に値するので、実際にエントリーすると口座凍結の要因となりやすいです。

また、エントリーポイントが文字として流れてくるだけであるため、相場分析の技術が向上するわけではありません。

仮に勝率の高い配信グループであったとしても、配信がなければ自分では何もできないといったケースに陥ってしまいます。

一時的にお金を増やすのであれば有効とは言えますが、将来的に勝てるようになるには自身での勉強は必須です。

レクチャーと言われていたのに配信しかしないといった業者はとても多いので注意しましょう。

配信グループであったとしても、安定した勝率を出しているグループは一握りです。前述したマーチンを使うグループも多いので注意しましょう。

高額なレクチャー料がかかる可能性がある

レクチャーでは高額なレクチャー料がかかる可能性もあります。

ハイローオーストラリアを始める動機として「資金を増やしたい」「自由に稼げるようになりたい」と考えるのが一般的です。

しかし、始めた時点で高額なレクチャー料を支払ってしまうと、その分投資資金を減らしてまうので本末転倒と言えるでしょう。

また、本当に勝てるトレーダーであればほとんどの方がレクチャーなんて行為をする必要がありません。

実際のプロトレーダーであればレクチャーをする以前に、その時間を自身のトレードに使った方が儲かります。レクチャー料以上の利益が見込めるのにわざわざレクチャーをする必要がありません。

相当なお人よしとしか考えられないですよね。普通だったら自分の手法はばらしたくないですから。

最悪なケースとしては、高額なレクチャー料を払ってそれが全く勝てなかった場合です。

バイナリーを辞めてしまう方に多いケースとなっているので、自分の投資資金は大事にしておきましょう。

手法が被ってしまう

プロトレーダーからのレクチャーを受けたとして、そのコンサル生が自身だけでなく数人規模でいたとします。

その場合は他のコンサル生と手法が被ってしまうというデメリットが発生すると覚えておきましょう。

ハイローオーストラリアに限らず、バイナリーの業者では多くの方が同じ手法を使って勝ちだす事を恐れています。

バイナリー業者は顧客の勝ち負けがそのまま利益に直結する仕組みなので、勝てる人が増えると会社自体が破綻してしまうのです。

ハイローオーストラリアでは以下のような対策をしていますよ。
  • 勝率の高い銘柄を取引停止
  • 勝率の高い銘柄や判定時間ごとのペイアウト変更
  • 約定拒否や約定ずれ
  • スプレッドの拡大

上記のような方法をとったことで、過去に比べて顧客側は勝ちにくくなっている状況です。

GOLD(ゴールド)、AUD/NZD(豪ドル/NZドル)といった銘柄は高い逆張り勝率が見込める人気銘柄でした。しかし2021年になって15分取引ができないようになっています。

レクチャー後に手法が被ってしまう事で、このような対策は加速していくと考えられます。

どんなに勝率の高い手法でも複数人が使った時点で負けやすく対策されてしまうと覚えておきましょう。

独学で学ぶ事も大事

ハイローオーストラリアのレクチャーに関して解説をしましたが、メリット以上にデメリットが多い事が分かったと思います。

自身で1から始めるには確かに大変な事ですが、詐欺業者に引っかかるよりは自身で勉強をしていった方が良いと言えるでしょう。

ハイローオーストラリアの約定拒否や集団取引の禁止といったシステム上、自身のみが知っている手法を身に着けたほうが早いケースもあります。

取引スタイルごとの手法を身に着ける

レクチャーをするトレーダーの手法が、必ずしもその人に適しているとは限りません。

  • 取引する時間の違い
  • 判定時間の適切さなど

15分ほどの判定時間を気軽に待てる方もいれば、もっと短期で狙いたいと思う方など人それぞれ考え方は異なります。

その場合は、自身がどの判定時間での手法が最適かを見つけて取引をした方が効率が良いと言えるでしょう。

また、レクチャーをするトレーダーの手法が夜に強い取引方法であった場合、午前中をメインに取引する方などには適さないケースもあります。

自身の取引スタイルごとに適切な独自の手法を見つけていきましょう。

独学での勉強方法

独学で勉強をすると言っても様々な方法があります。

  • 本を見て学ぶ
  • 動画でプロトレーダーの意見を学ぶ
  • ひたすらチャートを見て仮説を立てる

バイナリー専門の本はほとんど売られていないので、FXの本などでローソク足などについて学ぶといいでしょう。

ハイローの勉強法記事にて詳しい勉強法を詳しく解説しています。

また、最も大事なことはチャートを見て学ぶという事です。

自身で仮設を立てて強いポイント、弱いポイントを見定めていきます。

仮説を立てて検証をすることで「自身で考える力が身につく」ので、レクチャーを受けるよりも自身の相場分析能力を向上させやすいです。

勝つことに近道はないので、失敗も受け入れながら相場と向き合っていきましょう。

ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。

新規限定5,000円キャッシュバック