ハイロー初心者向け

ハイローオーストラリアが重い!ラグで困った時の対処法

海外バイナリー業者で人気No1のハイローオーストラリアは、動作スピードが重いという口コミがよくあります。

動作が正常に作動しないと、希望価格で約定できなかったり、取引チャンスを逃してしまう恐れがあるのです。

本記事では、ハイローオーストラリアが重くなる理由や具体的な対策方法について詳しく解説していきます。

ハイローオーストラリアが重い理由

ハイローオーストラリアは、海外のバイナリー業者の中でも特に動作が重いと噂されています。

まずは、その原因について見ていきましょう。

サーバーが弱い

ハイローオーストラリアは、海外大手のFX会社であるFXCM社などのレートを参考にしていると公表されています。

しかし、あくまでも参考にしているだけで、チャート機能をそのまま採用しているわけではありません。

サーバー自体はハイローオーストラリア独自のサーバーを使っています。

それらサーバーは決して動作の軽い強いサーバーではなく、定期的に止まったり動作が重くなる仕様になっています。

深夜帯などで定期的にレートが止まるなんてこともありますよ。

ハイローオーストラリアでは、早朝や土日などにアップデートを施していますが、そもそものサーバーが弱いことで利用者は重いと感じてしまうようです。

2022年に大型のアップデートをしたことで改善傾向にありますが、それでも他社サーバーに比べると思い方であると言えるでしょう。

変動の荒い銘柄や指標時にレートが追い付かない

ハイローオーストラリアで重くなるのは変動が荒い銘柄・時間帯であるという共通点があります。

変動の荒い銘柄 ポンド関連通貨
仮想通貨など
変動の荒い時間帯 マーケットオープンの直後
経済指標の前後
16時以降のロンドン時間以降

上記のタイミングで一時的にサーバーがフリーズ、またはストップするという現象が起きやすいです。

前述したサーバーの弱さが主な原因ですが、価格の急変動にハイローのレートが追い付かないことでサーバーが重くなってしまうのです。

ユーザーの集中によるサーバーへの負荷

ハイローオーストラリアはバイナリーオプションの取引ですが、多くのユーザーが集中することでサーバーが重くなることがあります。

バイナリーオプションでは、逆張り系オシレーターの反応地点や指標など、勝ちやすいポイントというのが明確です。

現在ではバックテストなどで統計が取れるようになったことから、多くのトレーダーに勝ちやすいポイントが浸透してきました。

多くのユーザーが同じ時間帯の同じ銘柄へ一気にエントリーすることで、ただでさえ弱いサーバーのハイローオーストラリアが対応できなくなってしまうのです。

結果的に約定拒否や約定ずれなどに繋がってしまいます。

ハイローオーストラリアで約定できない!【約定拒否の原因は?】ハイローオーストラリアで約定拒否が発生しているという悪評が増えつつあります。このページでは、約定拒否とは何かを解説し、約定拒否の発生原因と対策を解説します。せっかく勝てたのに約定拒否で損をしないために是非この記事で悩みを解決してください。...
ハイローオーストラリアの約定拒否問題は別ページを御覧ください。

ハイローオーストラリアが重い時の対処法

重くなる原因はハイローオーストラリア側の問題である場合が多いですが、ユーザー自身で改善を図ることも可能です。

ユーザーが実行できる対策方法を見ていきましょう。

定期的に再起動する

ハイローオーストラリアの取引はPC、スマホの両方からできますが、いずれのデバイスでも定期的に再起動をしましょう。

長時間トレードする際にはハイローオーストラリアの取引画面を継続して表示させてしまいがちですが、重くなってしまう原因になるので注意です。

1~2時間ほどを目安にして再起動をすることで、動作スピードが改善されることもあります。

HIGHLOW hevy

PC版であれば、取引画面の右上に表示されている「HIGH LOW」という項目をクリックするだけで改善されるケースもあります。

スマホ版であれば一度取引画面を消して再ログインを行いましょう。

ネットやPC環境の改善

ハイローオーストラリアが重い原因として、使っているネット回線やPC・スマホなどのデバイスが原因となっている可能性があります。

ネットの速度が遅い環境では、ハイローオーストラリアの取引がまともにできない可能性があるのです。

スマホで取引する場合も、電波の弱い場所は避けて取引するといいですね。ネット環境の良い場所で取引をしていきましょう。

別でMT4などを稼働しているとさらに遅くなってしまうので、本気でトレードを極めたい方はネット環境にもこだわってみましょう。

また、使っているPCやスマホが古いor容量が少なくなっている場合も重くなりやすいです。

約定拒否や約定ずれの原因になってしまうケースもあるので、あまりにも古いデバイスなどは使わないようにすると良いです。

エントリーが少ないポイントを狙う

ハイローオーストラリアで快適にトレードしたいのであれば、誰も狙わないようなポイントで取引するのも1つの手です。

ハイローオーストラリアでは、以下のようなポイントで約定が集中して重くなるケースがあります。

  • ストキャスティクス、RSIなどが反応した箇所での逆張りエントリー
  • ロンドン時間の16時以降か、ニューヨーク時間の22時以降
  • 経済指標の発表直後かマーケットオープンの前後
  • 00分00秒を狙った短期逆張り

上記のポイントは勝ちやすいと言われている反面、約定が集中することでサーバーに負荷がかかってしまいます。

約定が大きくずれて負ける可能性も大きくなるのです。

上記ポイントを避けて午前中や日本時間の昼ごろなどに強い手法を確立すると、快適にトレードができるでしょう。

また、ハイローオーストラリアのようなバイナリーオプションでは、必然的に逆張りトレードが好まれるので、順張り手法などを極めるのも1つの手です。

エントリーが被らないポイントを集中して狙うことが重要ですね。

ハイローが重いときは取引を避けよう

様々な対策を練っても、ハイローオーストラリア側の原因によりサーバーが重くなることはあります。

会社側の問題であるため、ユーザーでは対処のしようがありません。

重いと感じるorチャートの動作が明らかにおかしいと感じた場合は、無理せずに時間を空けて取引を再開するようにしましょう。

過去にはレートがストップしたのをいいことに荒稼ぎをするトレーダーなどもいましたが、サーバー遅延を利用した禁止行為とみなされ出金拒否や口座凍結にあったという事例があります。

ハイローのサーバーが正常に作動していない状況で取引するのは返ってリスクになってしまうのです。

時間が経てば改善されるので、無理に取引をせずリスクを回避していきましょう。

 

ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。

新規限定5,000円キャッシュバック