【キャンペーン開催中】新規登録ボーナスを受け取る☟
ハイローの基礎知識

ハイローオーストラリアとBi-winningを徹底比較【ハイローのパクリサイト?】

世の中には様々なバイナリーオプション業者があります。

最も人気の業者は本サイトでも紹介しているハイローオーストラリアですが、度重なるペイアウト変更やルール更新で顧客離れが徐々に進んでいるのです。

そんな中、新取引所であるBi-winningという会社が注目を集めています。

本記事では注目のバイナリー業者Bi-winningと、ハイローオーストラリアの違いについて細かく紹介していきます。

現時点では安全性の高さや実績の面でハイローオーストラリアがおすすめです。安全に入出金ができる老舗のバイナリー業者となっています。

ハイローオーストラリアとBi-winningの比較一覧

以下は、ハイローとBi-winningを項目別で比較した表です。

業者名 Bi-winning ハイローオーストラリア
設立年 2021年 2010年
銘柄数 全88銘柄 全33銘柄
判定時間 計13種類 計7種類
ペイアウト率 1.82~1.90倍 1.75~2.30倍
ボーナス制度 あり あり
安全性 未知数 高い
入金方法 銀行入金
仮想通貨入金
銀行入金
クレジットカード入金

Bi-winningは2021年に設立されたバイナリー業者のため、まだまだ発展途上と考える方が多いです。

取引内容やルールの違いを詳しく見ていきましょう。

安全性で比較

ハイローオーストラリアは2010年5月に設立されたバイナリー業者です。

2019年の6月には親会社の変更がありましたが、使い方や入出金方法等の変更はなく安全性の高い会社と言えるでしょう。

それに対してBi-winningの設立は2021年です。

人気が急増しているとは言っても、まだまだ安全性は未知数であると言えます。

2021年8月時点で出金拒否の情報等はないですね。今のところは安心して使ってもいい会社であると言えますよ。

設立年が浅い=実績がないという事になるので、安心して取引をしたい方はハイローオーストラリアを選択するといいでしょう。

しかしいずれにせよ海外の業者であり、日本の金融庁のような厳格なルールで守られているわけではありません。

入金をするにしても生活に支障をきたさない金額で投資を行いましょう。

Bi-winning→実績不十分のため安全性未知数▲
ハイローオーストラリア→安全性が高い〇

銘柄数で比較

取引できる銘柄で見ると、ハイローオーストラリアよりもBi-winningの方が豊富です。

業者名 Bi-winning ハイローオーストラリア
通貨ペア 23種類 17種類
株式 34種類 なし
コモディティ 4種類 3種類
指数 6種類 9種類
仮想通貨 21種類 4種類

通貨ペアで見ても、23種類と17種類でBi-winningの方が多いです。

ハイローオーストラリアでは扱っていないAUD/CHFやCAD/CHFといったマイナー通貨を扱っています。

特筆すべきは仮想通貨の取扱いですね。
Bi-wining取扱仮想通貨
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • リップル
  • イオス
  • カルダノ
  • アーベ
  • ビットコインキャッシュ
  • ビットコインSV
  • ポルカドット
  • リンク
  • シータ
  • トロン
  • ユニスワップ
  • ヴェチェーン
  • ネムコイン
  • ステラルーメン
  • モネロ
  • テゾス
  • ドージコイン
  • バイナンスコイン

ハイローオーストラリアでは、BitcoinやETHといったメジャーな仮想通貨しか取り扱っていませんが、Bi-winningではライトコインやアルトコインといった通貨までも扱っています。

豊富な銘柄で幅広く取引をしたい方は、Bi-winningの方が適していると言えるでしょう。

ハイローオーストラリアでは2021年7月に人気銘柄であったAUD/NZDとGOLDの15分取引ができなくなっています。銘柄は徐々に減っていいると考えていいでしょう。

Bi-winning→通貨、株式、仮想通貨と抱負な銘柄〇
ハイローオーストラリア→銘柄数少なめ▲

ペイアウトで比較

ハイローオーストラリアでは、取引形態によりますがペイアウト1.75~2.30倍ほどです。

2.30倍は30秒turboのスプレッド取引になるので、メインで取引をするといった方は多くないでしょう。

ハイローオーストラリアでは、度々ペイアウトの変更を行っています。
取引で人気のある銘柄や勝ちやすい判定時間がすぐに下げらている傾向です。

以下は、ハイローオーストラリア取引形態別のペイアウトです。

取引形態 ペイアウト
30秒turboスプレッド 2.30
1分turboスプレッド 2.20
3分Turboスプレッド 2.05
5分Turboスプレッド 2.00
15分スプレッド 2.00
1時間スプレッド 2.00
1日スプレッド 2.00
30秒turbo 2.00
1分turbo 1.90
3分turbo 1.90
5分turbo 1.85
15分取引 1.85
1時間取引 1.90
1日取引 1.95

それに対してBi-winningは1.82~1.90倍と、若干ではありますがハイローオーストラリアよりも低めです。

Bi-winingの方が判定時間が多いですが、1.90を超えるペイアウトのものはありません。

取引形態別で見るとそれほど大きな差はないので、ペイアウトに関しては手法やメインで取引する銘柄によると言えるでしょう。

ハイローでのビットコイン5分Turboはペイアウト1.75倍に引き下げられたので、Bi-winningの方が有利と言えますね。

Bi-winning→全ての取引で1.82~1.90倍と平均的▲
ハイローオーストラリア→短期判定やスプレッド取引はBi-winningより高い〇

判定時間で比較

ハイローオーストラリアでは、4種類の取引形態がありますが、Bi-winningでは1種類しかありません。

以下はハイローオーストラリアの取引形態です。

取引形態 特徴
Turbo取引 エントリーしたタイミングから判定時間が逆算される取引形態。
30秒、1分、3分、5分から選択可能
ハイロー取引 あらかじめ判定時間が定められた取引形態。15分、1時間、1日から選択可能。
スプレッド取引 エントリー方向より不利な位置で約定される取引形態。スプレッドの数値は銘柄や判定時間によって異なる。Turbo形態でのスプレッド取引もある。

Bi-winningでは、ハイローで言うところの15分取引のようなあらかじめ判定時間が決まった取引形態しかありません。

判定時間の数で見るとBi-winningの方が多くなっていますよ。
ショート ロング
1分後判定 5分後判定
2分後判定 10分後判定
3分後判定 15分後判定
4分後判定 20分後判定
25分後判定
30分後判定
45分後判定
60分後判定
14時後判定

ショート(短期判定)とロング(長期判定)から選べる仕組みです。

ハイローオーストラリアの取引時間も見てみましょう。
Turbo/Turboスプレッド取引 ハイロー/ハイロースプレッド取引
30秒 15分
1分 1時間
3分 1日取引
5分

Turboが使える銘柄は限られているので、銘柄によってはハイロー取引しかできないものもあります。

取引形態が全く異なる仕組みになっている事から、取引スタイルや手法によって使いやすいものと使いにくいものに関してはトレーダーによって分かれるでしょう。

Bi-winning→判定時間多い〇
ハイローオーストラリア→判定時間少なめ▲

ハイローとBi-winningの取引環境について

ハイローオーストラリアとBi-winningでは取引ルールに全く異なる点があります。

次はそんなルールの違いについて見ていきましょう。

取引時間

業者 Bi-winning ハイローオーストラリア
平日 24時間 早朝5時~7時までは不可
土日 仮想通貨は取引可 全ての銘柄で取引不可

Bi-winningが人気となっている要因は、仮想通貨取引が土日でもできるという点にあります。

平日に学業やお仕事がある場合では、なかなか取引に割く時間がないという方も多いでしょう。

通常の通貨ペアは土日の取引が停止されているので、当然バイナリーもできない仕組みではありますが、仮想通貨は土日でも活発に売買が行われます。

Bi-winningでは土日でも豊富な仮想通貨取引ができるので、平日に時間が割けない方には有利です。

クリスマスやお正月にはハイローが休みになる事もありますが、Bi-winningではそれらの情報が更新されていません。2021年の年末になって初めて公表されると考えられています。

Bi-winning→平日24時間と土日(仮想通貨のみ)取引可能〇
ハイローオーストラリア→平日のみ取引可能▲

エントリー金額

以下は、Bi-winningとハイローオーストラリアのエントリー金額比較です。

業者名 Bi-winning ハイローオーストラリア
最低取引額 500円 1000円
最大取引額 20万円 20万円

最大エントリー金額はどちらも20万円です。

最低取引額はBi-winningで500円、ハイローオーストラリアでは1000円となっています。

少ない資金で始めたい方はBi-winningを利用するといいでしょう。

ただし最低入金額や最低出金額ではどちらも同じになっていますよ。
業者名 Bi-winning ハイローオーストラリア
最低入金額 5000円 5000円
最大出金額 1万円 1万円

ハイローオーストラリアでは初回5000円のボーナス、Bi-winningでは入金額の10~20%(期間限定)が付与されます。

初回はどちらも自己資金以上の取引が可能です。

2021年8月時点ではBi-winnigのボーナスは口座開設時のみに付与されるものだけでです。ハイローのように既存ユーザー向けのボーナス制度は開催されていません。

Bi-winning→最低エントリー額500円〇
ハイローオーストラリア→最低エントリー額1000円▲

同値のルール

判定時間までにエントリー時と同じ数値(同値)になった場合は、両者でルールの違いがあります。

業者名 Bi-winning ハイローオーストラリア
同値の場合 エントリー額が返金 負け

同値の場合Bi-winning→返金、ハイローオーストラリアでは負けというルールです。

値幅の小さいメジャー通貨などの取引では同値になるケースは珍しくないので、Bi-winningの方が有利となります。

Bi-winning→同値の場合返金〇
ハイローオーストラリア→同値の場合負け判定▲

取引画面

ハイローオーストラリアでの取引では、MT4といった取引ツールが必須となります。

ハイローオーストラリアにMT4は必須!導入&設定方法を解説しますハイローオーストラリアの攻略に、MT4(MT5)は必須です。このページでは、最強分析ツールMT4のダウンロード方法と、ハイローに適したMT4の設定方法・ハイローの取引画面と連携できるかどうかについて詳しく解説します。ハイローの取引を本格的に始める前に、必ずMT4を導入してください。...

MT4
ロシアのメタクォーツ社が開発した高機能為替取引ツール。
豊富なインジゲーターが標準搭載されている。

ハイローオーストラリアの取引画面は黄色の線で値動きが表示されるだけなので、相場分析やエントリー根拠を見つけるのには適していません。

そのため、MT4を別で見てエントリーチャンスを探す必要があります。

それに対してBi-winningでは、取引画面にチャートが表示されています。

ローソク足表示はもちろん1分足~週足までの10種類から時間足選択が可能です。

また、RSIやストキャスティクスといったバイナリー人気の高いインジゲーターも搭載されているので、わざわざMT4を見なくても取引できる環境が提供されています。

Bi-winningチャートは固まったり、インジゲーターが表示できないといった不具合が報告されています。時間が経てば解消されていますが、まだまだ本取引に使うには不安があるようです。

現状ではBi-winningを使うにしても、別途でMT4やMT5を用意しておいた方いいです。

ExnessのMT4/MT5やeasyMarketsといったFX会社の提供するツールであれば土日でも仮想通貨の値動きが見られますよ。

Bi-wining→取引画面でチャート表示可能〇
ハイローオーストラリア→取引画面での分析不可▲

約定力

約定力に関して言うと、Bi-winningは前述した固まる不具合などもありうまく約定できないという報告も上がっています。

また、動きの激しい銘柄であればあるほど約定されにくい事も多いです。

ハイローオーストラリアでも銘柄によっては約定できないことや、大きな数値のずれが発生する事もあるので両者共に約定力の差はないと言えるでしょう。

ただし、約定の仕組みなどには若干の違いがあります。

連打で複数のポジションを持つ場合
ハイロー→約定されれば短時間で複数ポジションの保有が可能
Bi-winning→約定されて次の約定をするまでに時間がかかる

つまり、Bi-winningで複数のポジションを連打で打つのは難しいと言えます。

狙うにしても1回きりで金額を設定してエントリーしなければいけません。

Bi-wining→チャートのフリーズや約定まで多少の時間がかかる▲
ハイローオーストラリア→エントリーが集中していなければサクサク約定〇

取引スタイルによって使い分ける事が重要

Bi-winningとハイローオーストラリアの違いについて解説してきましたが、どちらか一方の会社が必ずおすすめであるというわけではありません。

それぞれのメリットデメリットがあるので、取引スタイルによって使い分ける事が重要となります。

ハイローオーストラリアがおすすめな人
  • 安全性の担保された会社で取引したい人
  • Turbo取引を使いたい人
  • スプレッド取引で高いペイアウトを獲得したい人

上記のような方にはハイローオーストラリアがおすすめです。

https://www.grendel-scan.com/

ハイローオーストラリアの口座開設方法は、別記事をご覧ください。

実績充分で健全な運営をしてきたことから、安全性は担保されている優良業者となっています。

Bi-winningがおすすめな人
  • 土日に仮想通貨取引をしたい人
  • 豊富な銘柄で取引をしたい人
  • 500円の少額から取引を始めたい人

Bi-winnnigは実績こそないですが、現時点では悪い報告が上がっていないです。

また、豊富な銘柄を扱っていることや土日にも取引ができるという点は、人によってはハイローにない大きな魅力と感じるでしょう。

両者のメリット・デメリットをよく理解した上で、手法やスタイルによって使いわけてみましょう。

ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。

新規限定5,000円キャッシュバック