5000円を無料で手に入れる☟
ハイローの基礎知識

ハイローマーケッツとは?わかりにくい【ハイロー】の運営会社を完全解説!

ハイローマーケッツは、ハイローオーストラリアの運営会社です。
ハイローオーストラリアに関係する名称が色々でてくるので、深く考えると混乱を起こします。

【ハイローマーケッツ】【ハイローオーストラリア】【ハイロードットコム】等、ハイローにかかわる名称は多くあります。

このページでは、ハイローマーケッツについて詳しく解説します。

ハイローマーケッツとは

ハイローマーケッツは、2012年から運営されている海外バイナリーオプション業者、通称『ハイローオーストラリア』の旧運営会社です。

現在は別会社に運営を譲渡済みで、様々な要因によりハイローマーケッツはハイローオーストラリアの運営から撤退しました。

日本でのサービスはHLMI Ltdが引き継ぐ

まずは整理をしていきましょう。
ハイローオーストラリアは、多くの人が利用している老舗の海外バイナリーオプション業者の名称です。

公式サイトには、過去も現在も「ハイローオーストラリア」という言葉は出てきません。
ハイローオーストラリアはトレーダーが名付けた通称なのです。通称や造語のようなものと推測できます。

※紛らわしいので、このページではハイローのサービス名はハイローオーストラリアで統一します。

ハイローマーケッツ(HighLow Markets Pty. Ltd.)は、バイナリーオプションサービス『HIGH LOW(ハイロー)』を運営していた会社です。
日本の居住者は、ハイローマーケッツが提供するハイローオーストラリアを利用してきました。

現在、日本居住のトレーダーはハイローマーケッツが運営するバイナリーオプション取引はできません。
HLMI Ltdが運営をするHIGH LOW.comに引き継がれました。

ハイロードットコム(highlow.com)とは?ハイローオーストラリアとの違いを解説しますこのページでは、ハイロードットコムとは何かについてわかりやすく解説しています。ハイローオーストラリアがなぜハイロードットコムと呼ばれるようになったのか、また両社の違いに何があるのかがわかります。ハイロードットコムが知りたい方は、是非チェックしてください。...

「じゃぁハイローマーケッツはなくなったの?」と思われるかもしれませんが、ハイローマーケッツは現在も日本を除く地域でバイナリーオプション取引を提供しています。

「それじゃあハイローマーケッツは日本と関係ないの?」と聞かれるとそれも違います。
ハイローオーストラリアに関係するハイローマーケッツには、公開されている内容から2つの会社があるようです。

ハイローマーケッツと呼ばれる2つの会社

ハイローオーストラリアに関係するハイローマーケッツは、次の2つが確認できました。

オーストラリアのハイローマーケッツ

会社名 HighLow Markets Pty. Ltd.
住所 Level 14, Macquarie House 167 Macquarie Street Sydney,NSW 2000, Australia

イギリスのハイローマーケッツ

会社名 HighLow Markets Ltd
住所 Medius House, 2 Sheraton Street, London, W1F 8BH, United Kingdom:

ハイローマーケッツは、オーストラリアとイギリスに会社があることがわかりました。
ちなみに「Pty. Ltd」と「Ltd」の違いは、国によって株式会社の書き方が異なるだけのようです。

オーストラリアでは「Pty. Ltd」と記載し、イギリスでは「Ltd」と記載しますが、両方同じ意味ととって問題ありません。

また、サイトでまれに「株式会社HighLow Markets Pty. Ltd」と記載しているものもありますが、これは「株式会社ハイローマーケッツ株式会社」と呼んでいることになるので注意をしましょう。
話を元に戻します。

HighLow Markets Pty. Ltd.の日本での仕事は、HLMI Ltdに引き継がれました。
これで日本人とハイローマーケッツとの関係はなくなったように思えますが、イギリスのHighLow Markets Ltdは入金の手続きやマーケットデータ、市場コメントなどに影響をしています。

ハイローマーケッツに務めているわけではないので詳しくはわかりませんが、少なくともハイローマーケッツには、「HighLow Markets Pty. Ltd」「HighLow Markets Ltd」「HLMI Ltd」の3つのグループ会社があると推測ができます。

旧会社との違い

先ほどの説明から日本居住者にとって旧会社にあたるのは、HighLow Markets Pty. Ltd.になりますが、「何か違いがあるの?」と考える人も居るはずです。答えは、大きな違いはありません。
違う点があるとすれば、サイト名や金融ライセンス、賠償責任保険や監督局の変更です。

運営内容に関しては、ハイローマーケッツからHLMI Ltdに引き継がれた現在も、変わらない安心安全なサービスを提供してくれています。

また、オーストラリアにあるハイローマーケッツは、ほかの国のサービスを現在提供しているようです。
そしてそのサイトには、イギリスのハイローマーケッツが入金の手続きやマーケットデータ、市場コメントなどに影響すると記載がされていました。

これは、日本のHLMI Ltdが記載している内容と同じです。
この点からも3社の繋がりがあること、変わらないサービス提供がなされていることがわかります。

ハイローオーストラリアはサービス終了?

ハイローマーケッツからHLMI Ltdに会社名が変更されたことで、ハイローオーストラリアの日本でのサービスが終了するのでは?という噂が流れました。
しかし、その可能性は低いです。

移行問題について

なぜハイローオーストラリアは2019年に移行をしなければいけなかったのでしょうか。それはバイナリーオプション取引における、強い逆風が原因です。

各国でバイナリーオプションは規制をされています。日本でも規制は行われました。オーストラリアも同じです。

移行問題は、日本でのサービス提供を続けるための手段です。そこまで行った会社が簡単にサービスを終了するとは考えられません。

ただ、バイナリーオプション取引に対する逆風はまだまだ強いです。
これから先、ハイローオーストラリア側からサービスを終了することはなくとも、日本の金融庁が規制をする可能も低いですが考えられます。
動向は気にしておくようにしましょう。

ハイローオーストラリアがなくなる?終了する?撤退の噂の真相は?【2020年最新】ハイローオーストラリアがなくなるという噂が大きくなっています。日本でから撤退し、サービス終了というシナリオが現実味を帯びてきた印象がありますね。このページでは、ハイローがなくなり撤退する可能性がどこまであるのか、最新の情報を交えて考察しています。...

ハイローオーストラリアが終了すると言われ続ける原因

ハイローオーストラリアでは、移行問題の時もそうですが、事あるごとに「終了するのでは?」と噂をされてきました。

その主な要因は、ハイローオーストラリアの移行問題にも関係した各国のバイナリーオプション規制です。

バイナリーオプションの規制が過熱しだしたころ、他の大手海外業者が日本からの撤退を行いました。
同時に関係のないハイローオーストラリアも撤退するのでは?と勝手な噂が流れたのです。

また、ハイローオーストラリアの移行が行われたのは2019年の6月ごろ、先ほども説明した通り撤退との噂がこのころ流れました。
ハイローオーストラリアからは移行の説明がなされているのに、撤退とSNSなどで噂する人が絶えません。しばらくすると、これもデマだと多くの人が気づきます。

次は、旧サイトがログインできなくなった2019年11月です。移行して5カ月ほどしかた経っていないにも関わらず、「ログインできない=撤退」という考え方でSNSを沸かせました。

他にも携帯アプリの使用が中止された、口座凍結の取り締まりが強化されたなどの噂が飛び交うたびに、ハイローオーストラリアが撤退すると言われ続けてきたのです。

これらの原因は、心のどこかに「海外業者=不安」という気持ちがあるからかもしれません。
海外業者は不安かもしれませんが、少なからず、実績のある業者は信用して大丈夫ではないでしょうか。ハイローマーケッツには10年以上の実績があります。撤退という噂に惑わされないよう注意をしましょう。

ハイローオーストラリアがなくなる?終了する?撤退の噂の真相は?【2020年最新】ハイローオーストラリアがなくなるという噂が大きくなっています。日本でから撤退し、サービス終了というシナリオが現実味を帯びてきた印象がありますね。このページでは、ハイローがなくなり撤退する可能性がどこまであるのか、最新の情報を交えて考察しています。...

まとめ

ハイローマーケッツは、現在も運営を続けています。日本での運営はHLMI Ltdが引き継ぎましたが、ハイローマーケッツとの関係が断たれたわけではありません。そのこともからも、昔と変わらないサービスが受けられることがわかります。

海外業者と不安に思われるかもしれませんが、ハイローマーケッツには今までの実績があることから、深く気にする必要はありません。噂に惑わされないよう注意をしましょう。

ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

『ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。