ハイローオーストラリアは他人名義でも利用できる?【家族名義はバレない】

諸事情で『自分の名義のハイローオーストラリアの口座を持ちたくない!』という人も少なからず存在します。
そうなれば、多くの人は他人名義の口座開設を考えるのではないでしょうか。

ただ、他人名義の口座となるとすんなりと承認されるとも思えません。
今回の記事では、ハイローオーストラリアを他人名義で利用することの可否についての解説をしていきます。

ハイローオーストラリアは他人名義では利用できない

まず、ハイローオーストラリアを本人以外の別名義で利用することは、禁止されています。
では、どうして禁止されているのでしょうか。

法律に反した違法行為

そもそもハイローオーストラリアだから利用できないわけではありません。
他人名義は法律で禁止されている行為だから、してはいけないということが答えです。

他人名義の口座を利用する行為は、「犯罪収益移転防止法」基づく「借名取引」防止の観点により禁止されています。
理由は、マネーロンダリングや、脱税を防止するためです。

借名取引とは、家族や知人などの名義を借り成り済ますことです。
似たような違法行為に、仮名取引があり、架空名義や他人の名義を利用することです。

両方とも違法行為とされており、法令諸規則で受託と委託ともに禁止がされています。

ハイローオーストラリアで他人名義を利用した場合

法令諸規則で受託側にも禁止されていることから、ハイローオーストラリア側も、口座契約条件において下記のとおり禁止を記しています。

当社はお客様一人に対して、一つの取引口座のみ 付与いたします。同一のお客様が、複数の取引口 座を保有することを固く禁じます。第三者に成り すまして、別の名義の取引口座を使用することも 固く禁じます。

引用:ハイローオーストラリア口座契約条件

さらにこのようにも記載されています。

(x) お客様は禁止行為の直接参加し、または他人 に参加させたりしてはなりません。
(y) 当社は取引の取消し、復元、または利益の修 正、資金の凍結、資金引き出しの拒否または 遅延、発注の全部または一部の取消しまたは 変更を行う権利を有し、それを行使すること ができること。

引用:ハイローオーストラリア口座契約条件

つまり、禁止されている他人名義の取引を行えば、資金が凍結されることもあり得るということです。

もし、他人名義がバレずに口座が開設できたとしても、ハイローオーストラリアに知られてしまえば利益はすべて没収されるリスクが伴うことを知っておきましょう。

やましいことがなければ、本人名義で口座開設することをおすすめします。

ハイローオーストラリアの口座開設方法の記事を参考にして、本人名義で登録をしましょう。

【新規登録】ハイローオーストラリアの口座開設と本人確認の方法・やり方ハイローオーストラリア口座開設|ハイロー公式はコチラから!ハイローオーストラリアの口座開設手順を紹介します。ハイローへの登録作業は難しい処理は不要ですが、本人情報のために書類や身分証明書が必要となります。安全にアカウントを作成する手順を紹介します。...
結論としては、ハイローオーストラリアに別名義で口座開設することはおすすめしません。

名義貸しは利用してはいけない

ハイローオーストラリアで取引をするための名義を貸してくれる人がいるという話を聞いたことがあるかもしれません。
ただし、名義貸しを利用することは絶対にやめてください。

参考:名義貸しとは

ハイローオーストラリアの規約にも、日本の法律にも反しています。

ハイローの口座を売りますとネット上で呼びかけている人もいますが、利用するリスクは計り知れません。

犯罪に利用される危険性もあり、トラブルにあっても自分の責任です。
リスクとリターンが全く釣り合っていないので、名義貸しを利用してはいけません。

口座貸しも利用禁止

名義貸しと同様、ハイローオーストラリアは口座貸しも利用するべきではありません。

個人の資産を隠す目的、マネーロンダリング、不透明な取引の温床となるため、大きな犯罪にまきこまれる可能性があります。

知り合いから口座を貸してもらうにしても、ハイローオーストラリアで得た利益には納税義務があります。
トラブルの原因となるため、あまりにもリスクが大きすぎます。

口座や名義を借りてまでもハイローオーストラリアで取引をしたい、でも口座が作れないという方もいるかもしれません。
そのような方は、他の海外バイナリーオプション業者を利用したほうが無難です。

危ない橋を渡ってまでハイローオーストラリアの口座を作成する必要はありません。

家族名義や夫婦間ならバレない?

他人名義の中には、家族名義も含まれます。
夫婦間、親子間で名義や口座を貸し借りしようと考える人は多いです。

同一生計を営む家族であれば、疑われたとしてもハイローオーストラリアに説明がつくかもしれません。

さきほど、他人名義では取引ができないと説明しましたが、IDとパスワードを知っていれば、取引自体はできてしまいます。
しかし、家族名義でも厳密には違法です

特に、未成年の方は年齢の関係でご両親の名義でアカウントを作りたいと思うかもしれません。
非常にリスクの高い行為であることを知っておきましょう。

ハイローオーストラリアの年齢制限は何歳から?【18歳でも利用できる?】ハイローオーストラリアは何歳から取引ができるのか、18歳の未成年だけど年齢制限が気になる方はチェックしてください。ハイローオーストラリアの年齢制限は変更され、18歳、19歳といった年齢でも取引ができるようにルールが変更されています。年齢を偽って取引ができるかどうかも考察していますので、ぜひ参考にしてください。...
18歳未満はハイローオーストラリアを利用できませんが、年齢制限をくぐり抜けるため親の名義を借りて取引をしたいと思う人も存在しました。

提出書類が準備できれば作れてしまう

他人名義では、準備の難しい提出書類ですが、家族名義でその人の了解が得られていれば、書類の準備もできるはずです。

銀行口座も借りてしまえば、フリーアドレスを取得するだけです。
ハイローオーストラリア側にバレることなく開設はできてしまいます。

パソコンの操作を誰がしているのか、そこまで知ることは簡単ではありません。
つまり、バレなけばアカウントが作れるのです。

ただし、違法でリスクの伴う行動です。
ハイローオーストラリア側に悪質と思われれば、二度と口座を開設できなくなるかもしれません。

では、ハイローオーストラリアにどうしてバレてしまうのでしょうか。

IPアドレスでバレる可能性がある

バレる原因として、IPアドレスが考えられます。

IPアドレスとは

IPアドレスとは、深く説明をすると難しい内容なので、簡単に説明するとインターネット上の住所のようなものです。

同じ家で同じネット回線を利用していれば、基本的にIPアドレスはすべて同じです。

こちらからハイローオーストラリアを利用するためにアクションを行い、そのアクションに対しての結果をあなたのIPアドレスに通信してきます。
つまり、利用をすれば、IPアドレスは基本的に相手側に知られてしまうものだということを知っておきましょう。

同一IPアドレスを利用した複数口座での取引を禁止

IPアドレスは、何の対策もしていなければ、一つの家で同じものが利用されます。

例えば、夫がハイローオーストラリアを利用していたとしましょう。
夫が順調に稼いでいることから、妻も始めたいと考えたとします。

同じ家に住む夫婦は、二人でハイローオーストラリアを開始することができるのでしょうか。

答えは「できません」。
ハイローオーストラリアは次のように禁止行為として記しています。

(n) 同一の IP アドレスから複数の口座への取引
(o) 単一のデバイスからの、複数の取引口座での取引”

引用:引用:ハイローオーストラリア口座契約条件:P10

夫が、妻の名義を借りて利用する状況でなく、妻の意思で利用したいと思っても禁止されているのです。

規約で禁止しなければ、他人名義の利用を監視することができないことへの対処だと推察できますね。

つまり、IPはハイローオーストラリアに監視されていると考えれられます。

ハイローオーストラリアはIPアドレス・Wi-Fiを監視している!ハイローオーストラリアでは、近年不正に対する取り締まりが強化されてきました。 不正を取り締まるために監視されているのが、Wi-...

同一IPで違う名義が利用されていれば、ハイローオーストラリア側はすぐに気づく体制ができているというわけです。

ちなみに同一のデバイスも禁止されています。
IPアドレスへの対策をしても、同じパソコンを利用してればバレてしまうことでしょう。

本人名義で利用したくない人が取るべき戦略

あまり推奨できませんが、違法行為とわかっていながらも、何とかしたい人の取るべき戦略をここから解説していきます。
凍結するリスクを十分知った上で、慎重に判断をしてください。

当サイトでは、他人名義を利用することを一切推奨しません。
また、結果の保証はいたしません。

全くの他人名義を利用することだけは、しないでください。

バレてしまい相手に訴訟を起こされれば、ハイローオーストラリアで投資をしているどころではありません。
そのうえで、以下のものが必要であると考えられます。

※追記
ハイローオーストラリアの規約に従い、本人以外の名義、本人以外の取引はすべきでないことは間違いありません。

口座開設のための情報として以下の文章を記載しておりますが、別名義でのアカウント作成には絶対に利用しないでください。

提出する資料の準備

ハイローオーストラリアで口座を開設するために必要な書類を準備します。

信頼できる相手に事情を話した上で準備して貰いましょう。
ハイローオーストラリアの複数口座は本当に作れない?【複数アカウント】このページでは、ハイローオーストラリアの複数口座の作り方を解説しています。アカウントの複数所持はリスクがありますが、やり方がないわけではありません。また、気になるハイローの口座貸しの存在にも言及していますので、気になる方は是非チェックしてください。...

また、ハイローオーストラリアは複数口座を禁止しているので一度もアカウントを作成したことがない人でなければいけません。

免許書かパスポートを持っていないならは、マイナンバーカードを作成してもらいましょう。

作成期間は、口座の名義を借りる人が住んでいる地域を、管轄する役所によって異なります。

ハイローオーストラリアの必要書類【本人確認書類に郵便物は不要】ハイローオーストラリアの必要書類は、2020年以降ルールが変更されました。住民票などは基本的に本人確認に必要ありません。ハイローの口座を開きたい方は、間違えないためにも是非チェックしてください。ハイローオーストラリアにおける郵便物の必要性や、ハイローから郵便物が届くかどうかもわかりやすく解説しています。...
ハイローオーストラリアの必要書類は別記事にて詳しく解説しております。

IPアドレスは、住所まで特定ができます。
もし同一生計でない家族に書類をお願いをする場合、住所からバレる危険もありますが運営はそこまでは調べていないようです。

ただし、少しでも怪しい内容があればIPアドレスの住所と、提出した書類の住所を確認されるかもしれません。
できるだけ、一緒に住んでいる家族にお願いをするようにしましょう。

IPアドレスの準備

先ほど解説したとおり、同一のIPアドレスは利用できません。
そこで、利用をしていない別のIPアドレスを準備しましょう。

お金はかかりますが、新たにプロバイダーと契約してください。

モバイルWi-Fiを利用するのも一つの方法ですが、ハイローオーストラリアを利用するとき、速度が遅くなる原因になりかねません。
住んでいる家の一番良い方法を選択するようにしましょう。

新しいデバイスの準備

IPアドレスだけでなく、新たなデバイスも準備しなければいけません。
スマホでも取引はできますが、パソコンでの利用が慣れている人は、別のパソコンを準備する方が得策です。

銀行口座の準備

一緒に住んでいる人ならば、新たに作る必要がないかもしれませんが、離れた家族に依頼をする場合は、インターネットバンクで作った方が楽かもしれません。

利益がでたら確定申告をする必要もあることから、引き出すためだけの口座を準備しておくことをおすすめします。

メールアドレスの準備

フリーアドレスで構いません。
名義人の新たなメールアドレスを準備しておきましょう。

ハイローオーストラリアでメールアドレスが登録できない!?変更方法も解説ハイローオーストラリアではメールアドレスは必ず必要で、登録するときに必ず入力を求められます。しかし、携帯アドレスは登録できないなどのルールが存在します。このページでは、ハイローオーストラリアにメールアドレスを登録するときの注意点や、メールアドレスの変更方法について詳しく解説しています。...

準備が完了したら、新しいデバイスで登録をする

すべての準備が整ったら、新しいデバイスとIPアドレスを利用してハイローオーストラリアへ登録を行いましょう。

ただし、先ほども言いましたが、家族と言えど他人名義で口座を開設することに変わりありません。

ハイローオーストラリアを利用して逮捕などということは現実出来ではありませんが、規約やルールから逸脱していることは自覚しておきましょう。

ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。

新規限定5,000円キャッシュバック