5000円を無料で手に入れよう☟☟
Uncategorized

ハイローオーストラリアは海外在住者も登録&利用可能?国内在住者との違い

ハイローオーストラリアは、海外在中者でも登録ができるのでしょうか?本業による急な海外への転勤、ハイローオーストラリアの調子が良いときなのにと残念な思いをする人もいるはずです。

今回の記事では、『ハイローオーストラリアは、海外在住者でも登録&利用できるのか』について解説をしていきます。
利用を考えている人は、国内在中者との違いについても解説をしますので、確認しておきましょう。

ハイローオーストラリアは海外在住者も登録できる?

ハイローオーストラリアは海外在住者でも登録は可能です。ただし登録をするには条件をクリアする必要があります。その条件を確認していきましょう。

日本の住所が記載された本人資料と郵便物が必要

ハイローで新規に登録を行う場合は、日本の住所が記載された本人資料と郵便物が必要です。
たとえ海外に在中していたとしても、日本の住所を証明できる本人確認書類がそろえられれば、登録ができます。

今回は特殊なケースなので、実際にハイローのサポートセンターへ直接電話をし、サポートスタッフと次のようなやり取りを行いました。

ハイローサポートスタッフとの電話のやり取り

ハイローは、日本人への対応が素晴らしい海外バイナリーオプション業者です。電話の対応も経験豊富な日本人スタッフが行ってくれました。

私「今度、海外転勤が決まりそうで、そこでの利用を考えているのだけど、できるかな?」

スタッフ「バイナリーオプションは、国によって禁止されています。転勤先がバイナリーオプションを禁止していなければ可能です。また、登録には日本の住所が必要です。日本にいる間に登録をしてから、禁止されていない国で利用してください。」

私「海外の転勤場所先は、中国か韓国のどちらかになりそうなんだけど、決まってないから、現地で登録できるかな?」

スタッフ「中国は禁止されている国なので、取引はできません。韓国ならば、取引はできます。日本の住所を証明できる資料さえあれば。どこからでも登録はできます。」

電話でこのような受け答えを行いました。サポートスタッフがとても話しやすく、わかりやすい説明を受けることができたことに感動です。

海外業者を利用すると、このサポート面をそうしても心配する人がたくさんいると思います。
ただ、ハイローオーストラリアは、電話のサポートで日本人スタッフを準備しています。サポートの心配は不要だと心底思いました。

話した内容をまとめると、登録に必要な書類を準備できれば、どこからでも登録は可能ということです。確かに登録したあと特にハイローから郵便物が届くわけではありません。登録ができる本人資料がそろえられるのならば、大丈夫だと思われます。

海外在住者で日本の住所がない場合

ハイローの口座開設には日本の住所が必要です。よくある質問にはこのように記載されています。

日本居住者の方が口座開設していただけます。 口座開設には、以下日本で発行された写真付き本人確認書類の提出が必要です。
運転免許証
パスポート
写真付きマイナンバーカード

引用:ハイローオーストラリアよくある質問

すでに海外在住者で、日本の住所が証明できない人は、登録を諦めるしかありません。海外在住者でも、日本の住所が記載された本人確認資料(期限内)が準備できれば、登録は完了するものと思われます。

ハイローオーストラリアに必要な書類は ?郵便物が不要ってホント?ハイローオーストラリアの必要書類は、2020年以降とは異なります。ハイローの口座を開きたい方は、間違えないためにも是非チェックしてください。ハイローオーストラリアにおける郵便物の必要性や、ハイローから郵便物が届くかどうかもわかりやすく解説しています。...

すでに海外在住者で年月がだいぶ経っている人では、ハードルの高い条件だと思いますので、登録はあきらめるべきかもしれません。できないからと言って、日本にいる家族名義を利用しようとは、考えないでください。借名取引という違法行為です。

国内在住者との違いは?

それでは、国内在中者と海外在中者の違いを見ていきましょう。

禁止をしている国では取引できない

実は、バイナリーオプション取引を禁止している国もあるのです。
恥ずかしい話ですが、海外に行ったことのないパスポートすら持っていない私は、初めて知りました。

ハイローの画面が見ると、アメリカやニュージーランドなどのオプション取引が禁止されている国や地域では利用できないと確かに書いてあるのです。
さらに世界各国が次々とバイナリーオプションを規制しています。

ハイローオーストラリアも、オーストラリアが2021年から規制を開始する予定がることから、運営会社の拠点を変えハイローになりました。

さらに、G7に参加している国の中で、海外業者を利用したバイナリー取引の規制をしてないのは日本だけです。
アメリカでは、バイナリー取引自体は禁止していません。アメリカ国内の、認可を得た業者で利用するのはOKです。

日本では金融庁が海外業者の利用を注意喚起しているにとどまっています。国内業者には、超短期取引を撤廃することで利用制限を行いました。
しかし、海外業者を利用しても、罪に問われることはありません。

EUでは、完全にバイナリーオプション取引を撤廃すると発表がされました。日本で生活をし、ハイローオーストラリアを利用している人のなかに、ここまでの動きがあることを知っている人はごくわずかではないでしょうか。
これから海外在中をする人は、バイナリーオプションが、世界各国で強い規制を受けていることを知っておいてください。

入出金作業が大変

ハイローへの入金は、日本円のみの入金対応となっています。海外在中の人は、入金作業ができないかもしれません。
もし日本の銀行を経由してできたとしても、相当な手間と手数料がかかります。行うのならば、日本のインターネット銀行かクレジットカードを利用して入金する方法が好ましいようです。

現在、海外在中している人が日本の住所を証明できて登録したとしても、入金が無理ならば利用を開始できません。海外にでる前に、日本のインターネット銀行で口座を開設し、そこに残高があれば入金が可能です。
さらに、クレジットカードを所有していて、利用をしても口座から引落しが可能ならば、入金は大丈夫なようです。

ただし、稼いだお金を出金依頼できたとしても、日本に戻らなければ引き出すことができません。短期の海外在中でハイローオーストラリアを利用するのならば良いですが、長期となれば、引き出すのに海外送金手続きが必要になります。手数料や手間を考えると、長期の海外在中でハイローオーストラリアの利用は面倒なのかもしれません。

例え、ハイローオーストラリアの口座を持っている、海外在中でも書類を準備できる状態であっても、利用はよく考えてからにすることをおすすめします。

ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

『ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。