入金不要ボーナスを受け取る☟
ハイローの攻略法

バイナリーオプション(為替)にコロナウイルスの影響はあるのか!?

バイナリーオプションは、為替の値動きを利用して取引をする投資です。コロナウイルス患者が世界中に広まり各国の経済に影響を与えている最近の状況は、地政学リスクが高まっていると言わざるを得ません。
バイナリーオプションで取引をするのならば、見過ごせない状況となってきました。

そこで今回の記事では、コロナウイルスが与えるバイナリーオプション(ハイローオーストラリア)への影響をまとめていきます。
バイナリートレーダーはどうするべきかについても解説をしますので、ぜひ参考にしてください。

コロナウイルスのバイナリーオプションへの影響

コロナウイルスの影響が、株価や為替、バイナリーオプションにも見られるようになりました。今後の為替への影響を踏まえて、最近の状況を見ていきましょう。

NYダウが過去最大の下げ幅

まずは、こちらの記事を見てください。

米CDC(疾病対策センター)は25日、新型コロナウイルスについて、「米国内で地域感染が発生する観測が高まった」と発表しました。新型コロナウイルスの感染は中国本土外へと拡大しており、とりわけ韓国やイタリアで感染者が急増しています。加えて、CDCが米国内での感染拡大の可能性に言及したことで、新型コロナウイルスをめぐる懸念が一段と高まりました。

引き続き、新型コロナウイルスに関する報道に注意が必要です。また、主要国の株価動向にも目を向ける必要があります。NYダウは25日、前日比879.44ドル(3.15%)安の27081.36ドルで終了。24日と25日の下げ幅は合計1911ドルに達し、2営業日連続の下げ幅としては過去最大を記録しました。

新型コロナウイルスをめぐる懸念がさらに高まる、あるいは主要国の株価が下落した場合、リスク回避の動きが一段と強まり、米ドル/円やクロス円は下値を試す展開になるとみられます。
引用元:(AM) 米CDCが新型コロナウイルスの米国内での感染拡大に言及

NYダウが2営業日連続で下落をし、過去最大となりました。これにともない、為替においても勢いのある円高がすすんでいます。日本でもコロナウイルスの拡大が懸念されていますが、それ以上にNYダウの下げ幅が記録的です。結果、為替も円高へ進みました。

28日の東京外国為替市場、円相場は1ドル=109円台前半に値上がりしています。新型コロナウイルスの感染拡大がアメリカをはじめ世界経済全体に影響するという懸念からドルを売る動きが広がっています。
市場関係者は「新型コロナウイルスの感染拡大が、堅調だったアメリカ経済にも影響を与えるのではないかと、懸念してドルが売られている。世界経済が減速するおそれが一段と高まるとみて、投資家が比較的安全な資産に資金を移そうという動きを取り始めている」と話しています。

引用元:円相場 109円台に値上がり 新型ウイルス 世界経済に影響懸念

今後もアメリカの対策次第では、円高方向に進む可能性が極めて高いかもしれません。

日本のコロナウイルスに対する対応は?

最近の報道は、コロナウイルスに関するものがほとんどです。

日本は、コロナウイルス対策が後手後手と言われています。倒産する企業まで、でてきました。しかし、やっと厚生労働省からも、このような発言があったのです。

新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べる検査について、公的保険の適用対象にする考えを表明しました。

参考元:新型コロナの検査「来週にも保険適用」 厚労相

これでコロナウイルスの感染拡大を抑止できるかがわかりませんが、被害が拡大してからの中では、大きな動きと思われます。今度の日本の対策にも、目を見張らなければいけません。

とりわけ心配なのが、新型コロナウイルス感染の世界的な拡大で、本来であれば安全資産であるはずの「円」が買われて円高になるはずが、2月に入って以降、逆の円売り=円安に進んでいることだ。
安全資産であるはずの円だが、感染爆発が起これば1ドル=120円台まではあっという間に行くことになるかもしれない。
引用元:コロナショックの先に待つ4つの最悪シナリオ

世界的にコロナウイルスの拡大が進めば、安心の円が買われ円安傾向になると言ったシナリオもあるようです。

コロナウイルスが与える影響により、各国がどのような政策をし、それをトレーダーがどのように判断するのかが非常に大きなポイントです。
コロナウイルスは、為替に大きな影響を与えていることがわかりました。バイナリーオプション取引をするのならば、今後の対策を把握する必要があります。

バイナリートレーダーはどうするべきか

それでは、コロナウイルスに対し、バイナリートレーダーはどのような対策を練ればよいのでしょうか。

テクニカル分析だけでは対応できない

通常のテクニカル分析が通用しない局面が多く出てくると思われます。例えば逆張りで、メイン取引している人は、危険かもしれません。

逆張りに向いているレンジ相場の局面が、普段よりも減る可能性が高まります。コロナウイルスが経済に強い影響を与えれば、投資家の心理も、一方へ一気に働くことが多々起こるかもしれません。
ボリンジャーバンドなどによる、逆張りをメインとしているバイナリートレーダーは、注意をしてください。

また、サインツールも機能しないことが懸念されます。普段サインツールに頼っている人は、いったんコロナウイルスが終息するまで、サインツールを見ない方が良いかもしれません。

手法が逆張りのものが、サインツールには非常に多くあります。テクニカル分析が通用しない局面が、これから多くなる可能性が高いです。短期取引であるバイナリーオプションだからこそ、利用をしないことがおすすめと思われます。

ファンダメンタル分析を意識する

普段からテクニカル分析ばかりしている人は、ファンダメンタル分析をしていないと思われます。バイナリーオプションで取引をするときは、ファンダメンタルを避けるようにする人が多いです。メインはテクニカル分析と言われてもいます。

そのためテクニカル指標とローソク足の動きで売買ポイントを決めており、どうなったら円高になる、円安になると言った情報に、疎い人も多くいるはずです。NYダウが下がれば、為替はどの方向に進むのか、このポイントを勉強しておく必要があります。

今回も、NYダウが記録的な下げ幅を見せました。それに伴い為替は円高に進んでいます。例えば「ボリンジャーバンドの-σにタッチしたから、ハイエントリーをした」という行動をどう思いますか?確実に普段よりも、負ける可能性が高まります。

外国では、ウイルスとの戦いはテロと同じ、このように話す人もいるようです。各国の政策が弱いと感じれば、それは株価に影響し、為替の動きに関わってきます。各国の政策にアンテナをはり、ファンダメンタル分析を普段の倍以上意識するようにしましょう。

震災が起きたときの為替の動きは?

ファンダメンタル分析を意識すると、円高なのか円安なのわからなくなる人もいます。震災の時を例にあげると、本来は日本の経済の危機に直面しているのだから、円安に進むものだと考えることもできます。

日本経済が危険なのに、円を買う意味が分かりません。しかし結果は記録的な円高方向に進みました。それに伴い日銀の大規模な介入も行われています。

これらは、保険会社が保障を行うために、円を購入したからとも言われています。政治経済に動きがあっても、どちらに動くのか判断が難しいときもあるのが為替です。消極的かもしれませんが、理解ができない動きをするときは、バイナリーオプションから離れておくのも一つの方法ではないでしょうか。

大きく動くときは、エントリーがはじかれるかもしれません。しばらく静観をするのも一つの方法です。

ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

『ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。