ハイロー初心者向け

ハイローオーストラリアは自動化できる?【自動で稼ぐ方法を考察】

ハイローオーストラリアは、平日24時間の取引が可能です。

しかし、自動でハイローオーストラリアで稼ぎたい、取引を自動化したいと考える方も多いでしょう。

本記事では、ハイローオーストラリアを自動化するリスクと、自動化に近づける方法について詳しく解説していきます。

ハイローオーストラリアの自動化は禁止行為

結論から言うと、ハイローオーストラリアの自動化は禁止行為です。

自動化と言っても様々な方法がありますが、全ての行為が禁止されており、口座凍結や出金拒否の原因になるので注意しましょう。

まずは、禁止されている自動化の方法について解説するので、下記を参考にして手を出さないようにしてください。

自動化①自動売買システム

ハイローオーストラリアの自動化と言えば、自動売買を思い浮かべる方が多いでしょう。

自動売買
決められたプログラムに沿って、自動で売買を行うシステム。

現にハイローオーストラリアで自動売買を行って取引している方は多いです。

しかし、ハイローオーストラリアでは手動での取引がルールとされているため、自動売買の使用が発覚すると口座凍結や出金拒否の要因になります。

2020年ごろからハイローオーストラリアは自動売買の摘発を強化しており、現在に至るまで多くの口座凍結者が出ています。

禁止されているにも関わらず、ネットやSNS上で自動売買を勧誘する方は多いので注意しましょう。
【確実にバレます】ハイローオーストラリアで自動売買(EA)は禁止ハイローオーストラリアでは自動売買が原則禁止です。自動売買が運営にバレるのかバレないのかを解説します。ハイローオーストラリアでEAの利用をしたいと考えている人は想像以上に多く、自動エントリーで不良所得を得ることを考える人は少なくありません。自動売買の利用にどのようなリスクが有るのかを解説します。...

ハイローオーストラリアの自動売買は禁止です。
バレたら口座凍結する注意しましょう。

自動化②コピートレード

ハイローオーストラリアでは、コピートレードでも自動化が可能ですが、こちらも禁止行為です。

コピートレード
他者の取引を自身の口座に反映させるシステム。プロトレーダーと同じポイントでエントリーが可能。

コピートレードも、自動売買と同様に自身が手動で取引をするわけではありません。

そのため、ハイローオーストラリアでは禁止行為に該当し、現在に至るまで多くの口座凍結者が出ています。

また、コピートレードは自動売買に比べて発覚するリスクが高い自動化の方法です。

コピートレードは複数人が同時に同じポイントでエントリーをすることから、すぐに疑いがかかり口座凍結等の措置が取られます。

自動化③他者に運用をお願いする

ハイローオーストラリアでは、他者に口座を渡して運用してもらいながら自動化を図る方も多いです。

しかし、ハイローオーストラリアでは口座を第三者に渡してはいけないという決まりがあり、禁止行為に抵触します。

エントリーの時間がない方や、相場分析に自信がない方が行いがちですが、以下のようなリスクがあるので注意しましょう。

ここにボックスタイトルを入力
  • 個人情報を抜き取られる可能性
  • 必ずしも勝てるとは限らない
  • 勝てたとしても税金は口座の名義人に支払い義務が生じる

他者に口座を渡したとしも、必ずしも勝てる保証はなく、損失を出すリスクがあります。

入金や出金は名義人の口座でしか行えないので、口座などの個人情報を抜き取られるリスクも考えられるでしょう。

また、仮に利益が出たとしても税金は口座の名義人が支払う必要があるので、金銭トラブルの元になりやすいです。

自動売買やコピートレードで口座凍結に合った方から、口座を渡してほしいと頼まれるケースも増えているので注意しましょう。

自動化するならサインツールがおすすめ

ハイローオーストラリアを自動化したいという方は、自分だけで勝てる自信がない、またはエントリーポイントが分からないという方が多いでしょう。

完全な自動化をする方法はありませんが、サインツールであれば自動化に近い形で取引が可能です。

サインツール
取引チャンスが来た際に、チャート上の矢印表示やアラート音でチャンスをお知らせしてくれるツール。

取引のチャンスが視覚的に判断できるので、常にチャートを監視しておく必要がありません。
アラートや矢印が表示されたタイミングだけ、準備をしてエントリーすればいいだけです。

また、サインツールはハイローオーストラリアの規約に違反していないため口座凍結のリスクがありません。

ハイローオーストラリアのおすすめサインツール【シグナルツール】サインツール(を使ってハイローオーストラリアを攻略したい方必見!サインツールは分析不要で相場予想をしてくれるツールで、初心者や未経験者でも上級者と同じようなエントリーをすることが可能です。ハイローオーストラリアで勝てない方、勝てるツールを探している方は、ぜひ読んでください。...

ただし、自動売買やコピートレードとは違い、必ず手動でのエントリーが必要な点は押さえておきましょう。

また、SNSやネット上でもサインツールを販売している業者が溢れていますが、中には勝率を偽って勝てないツールを高額で販売している業者もあるので注意です。

取引を自動化に近づける方法

ハイローオーストラリアの自動化は、全て禁止行為に該当するので絶対にしないようにしてください。

しかし、考えようによっては自動化は可能です。
裁量トレードにはなりますが取引する時間を明確に決めておくことで、自動化に近づけることは可能です。

取引に自信がない方や、取引をする時間が少ないという方は、以下の方法を実践して、少しでも自動化に近づけてみてください。

経済指標を狙ってエントリーする

取引する時間を決めて自動化に近づけるには、経済指標を狙ってエントリーするのがおすすめです。

経済指標
各国のGDP、政策金利発表や要人発言など。発表のタイミングで相場の急変動が起きやすい。

経済指標前後の為替相場は急激な変動が起きやすく、ハイローオーストラリアの取引では避ける方が多いです。

しかし、経済指標こそ狙っていくべき相場と言えます。

相場の急変動後は反発をする可能性が高いため、以下のような条件をもとにエントリーすることで自動化に近づけることができるでしょう。

経済指標を狙うポイント
  • ローソク足を5分足で表示
  • 指標発表後の5分間でローソク足が大陽線、大陰線を形成
  • ローソク足がヒゲを付けずに確定した時点で逆張り5分後のエントリー

経済指標は時間が明確に決まっているので、取引をする日の朝などにチェックしておくと良いでしょう。

手動でのエントリーは必須ですが、決まった時間に決まった根拠でエントリーするだけなので、自動化に近い取引となります。

マーケットオープン・クローズでのエントリー

自動化に近づけたい方は、マーケットオープン・クローズでのエントリーもおすすめです。

マーケットオープンは各市場の開場時間、クローズは各市場の閉場時間を指します。

決まった時間に売買が集中することから、経済指標と同様に大きな動きを見せやすいです。

特に、ロンドン市場の開場・閉場時間はおすすめと言えるでしょう。

夏時間 冬時間
開場時間 15時00分 16時00分
閉場時間 24時00分 25時00分(深夜1時)

上記時間帯に大きな動きを見せる可能性があるので、経済指標の時と同様に大陽線・大陰線を同じ根拠で狙っていくと良いです。

1日に2回と少ないチャンスですが、決まった時間にエントリーできることから、自動化に近い取引と言えます。

長期判定の活用

ハイローオーストラリアでは、1分や5分などの短期判定が人気です。

しかし、日中や夕方~夜にチャートを見ずに自動化へ近づける際は、1日などの長期判定を行うと効率の良い取引に繋がります。

1日取引の流れ
  • 平日の朝に1時間足などで大まかな相場の方向性を予測する
  • 1日取引で朝のうちにエントリーをする
  • 翌朝判定のチェックを行う

トレンド相場の継続や前兆を見極めることで、朝に1回のエントリーをしておけば、日中はチャートを見る必要がありません。

経済指標やマーケットオープン・クローズの取引に比べると、充分な相場分析能力が必要ですが、時間を決めてエントリーが可能です。

判定は翌朝5時となりますが、年末年始やアメリカの祝日は深夜2時が判定時間になる場合もあります。

 

ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。

新規限定5,000円キャッシュバック