入金不要ボーナスを受け取る☟

2021年のハイローオーストラリアを完全予想!来年からのハイローはどうなる!?

バイナリーオプション業界は、依然として厳しい状況が強いられています。
業界全体の動きが、人気ナンバーワン海外業者のハイローオーストラリアに影響を与えるかもしれません。

ハイローオーストラリアでこれからも取引を続ける、もしくは2021年から始めようとしている人には、気になるところではないでしょうか?

ハイローオーストラリアはトップクラスのサービスを誇る海外業者、撤退となれば打撃を受ける日本人トレーダーも少なくありません。

このーページでは、ハイローオーストラリアにおける2021年の動向を完全予想します。
安心して取引を続けるための参考にしてください。

2021年のハイローオーストラリア業界はどうなる?

まずは、2021年のハイローオーストラリア業界を予想していきます。

世界中で規制が行われている

ハイローオーストラリア(バイナリーオプション)は金融商品です。
世界中の動向も重要ですが、特に主要先進国(G7)がバイナリーオプションに対し、どのような規制を行っているかが業界の行方を左右します。

2020年現在、主要先進国でバイナリーオプションが取引できるのは「アメリカ」と「日本」だけです。

他の国はすべて禁止をしています。

ただしアメリカに関しては、日本よりも厳しい規制をかけ、トレーダーに対策を講じています。
アメリカではCFTC(米商品先物取引委員会)のライセンスを取得していない業者との取引は禁止です。
CFTCが海外業者にライセンスを認めるわけがありません。
つまり自国の業者以外を利用したバイナリーオプション取引は完全に禁止です。

日本は注意のみ、「危険ですよ」という言葉にとどめています。
いかにも日本らしいやり方です。

主要先進国はバイナリーオプションに対し良い印象を持っていません。
これは、今後バイナリーオプション業界の発展が難しいことを意味します。
良くて現状維持です。

アプリは緩和の動きも

厳しい状況と解説をしましたが、バイナリーオプションに対し良い動きが見られる部分もあります。
それは、バイナリーオプションに対するスマホアプリの緩和です。

2017年頃、スマホアプリを提供する「App Store」と「Playストア」は、バイナリーオプション関連のアプリ提供を中止しました。

それに伴い、ハイローオーストラリアのアプリも姿を消したのです。

しかし最近は、バイナリーオプション関連のアプリをふたたび見かけるようになりました。
ハイローオーストラリアのホームページでは、Android端末向けのアプリ提供も開始しています。

残念ながらApp Storeでは、まだハイローオーストラリアアプリの提供は開始されていません。
ただ、バイナリーオプション関連のアプリは散見されるようになりました。

スマホは今後も活躍が期待できる製品です。
そのスマホでバイナリーオプション関連に対し緩和の兆しが見られるのは、業界にとってプラスの動きだと言えます。

日本では副業で開始する人が増え詐欺被害が増加?

日本における2021年のバイナリーオプションは、副業で利用する人が増えるのでは?と予想ができます。

コロナの影響で、在宅時間が増えました。
何かしら始めようと考える動きが予想できます。そこで見つけるのが簡単に始められるバイナリーオプションです。
ルールが簡単なので参加者が増えるはず、始めようと考えている人は、こちらの記事を参考にしてください。

ハイローオーストラリアが副業に適している5つの理由とは?【初心者必見】知らない人も多いかもしれませんが、ハイローオーストラリアは副業に最適です。私は実際にハイローを副業にして稼ぐことに成功しています。理由は簡単で、ハイローはサイドビジネスに適している多くの理由があるからです。このページは表示できませんで詳しく解説します。...

この予想に伴い懸念されるのが詐欺の横行です。
2021年は、新規参入者をターゲットにした詐欺の横行が見られると予想ができます。


コロナ関連でも、多くの詐欺が横行しました。
ひと昔前に流行った詐欺を真似し、だまし取ろうとする輩が増えるかもしれません。

ごく一部の詐欺が、ハイローオーストラリアの評価を下げます。
日本における2021年のハイロー業界は、評判を下げる可能性があるかもしれません。

ハイローオーストラリアの詐欺評判の実態を徹底考察【ヤバい口コミの真相は!?】ハイローオーストラリアは詐欺だという評判をネットでよく目にします。果たしてその悪評は本当なのでしょうか?このページでは、ハイローオーストラリアのネットの噂や評価について中立的な視点から考察しています。ハイローに興味のある方は、是非チェックすることをおすすめします。...

2021年中に日本の金融庁は動かないと予想

それでも日本の金融庁が2021年にアクションを起こすとは考えにくいです。
日本はアメリカの真似をするとよく言われていますが、コロナ政策では、アメリカの真似をしていません。

バイナリーオプションに関してもアメリカのように海外業者を禁止するとまでは考えにくいです。

ただ海外業者を禁止する要素はあります。
日本の景気を回復させるには、日本でお金の動きを作りたいです。その考え方に海外業者は不要、国民に配られた給付金が海外に流れるほど無駄なことはありません。
それらを懸念し、海外業者との取引を禁止するのは理解ができます。

しかし日本の特徴は動きが遅いこと、2021年中に対策を考え即実行できるとは考えられません。
日本におけるハイローオーストラリア業界の動きは現状維持と予想ができます。

2021年のハイローオーストラリアの動向予想

2021年のバイナリーオプション業界は現状維持と予想、ではハイローオーストラリアについてはどうでしょうか。

ハイローオーストラリアのおひざ元ASICには対応済み

ハイローオーストラリアで気になるのはASIC(オーストラリア証券投資委員会)の動向です。
2021年よりバイナリーオプション関連の規制が開始されます。
ただハイローオーストラリアでは、すでにASICの動きには対応が完了しています。

ASICは、日本や中国の金融庁から規制をして欲しいと依頼を受けていました。
ASICもバイナリーオプションを手掛ける国内企業の利益に驚き、国民の資産を守るため動き出したのです。それが2021年から開始される規制です。

ハイローオーストラリアは日本での運営を続けるため、マーシャル諸島共和国に移行を完了させています。
多くのトレーダーも口座の移行手続きを2019年に完了させました。

この点から見てもハイローオーストラリアが2021年中に撤退するとは考えにくいです。
せっかく運営を開始した企業を、すぐに廃業するとは思えません。

2020年はペイアウト率が減少2021年はどうなる?

ハイローオーストラリアで気になる動きがありました。それがペイアウト率の変更です。

急なペイアウト率の下げにツイッターでも不利になるのでは?といった口コミが見られました。

ハイローオーストラリアから届いたメールはこちらです。

「2020年3月29日のメール」

「2020年4月5日のメール」

立て続けにメールが届きました。
ツイッターの口コミからもわかる通り、ペイアウト率は下がったのです。

ただし、ペイアウト率が下がったと思われるかもしれませんが、元に戻ったと受取るのが正しいです。

「2019年7月1日のメール」

先ほど説明したASIC対策で、口座の移行が実施されました。
その際に、ペイアウト率を上げてサービスを提供していたのです。半年以上継続されたのですから、トレーダーにとってはありがたい状態でした。

確かにペイアウト率が下がると、「経営が苦しいの?」と不安が生じます。
しかし、元に戻っただけと考えれば、不思議なことではありません。

2021年の動向に影響する情報ではありませんが、このような動きがあったことは頭の片隅に入れておきましょう。

結論2021年のハイローオーストラリアは現状維持

2021年のハイローオーストラリアの動向は「現状維持」と予想ができます。

最近、新スマホ用サイトもリリースされました。
新しくプラットフォームを開発した業者が、撤退をするわけがありません。

もしハイローオーストラリアが撤退を考えるのならば、それは日本の金融庁が関連した場合のみです。
日本の金融庁も2021年で動くとは到底思えません。
コロナ対策を見ても腰が重く、国民任せが見て取れるのですから、急激な対策を講じとは考えにくいです。

以上の点から、2021年も安心してハイローオーストラリアで取引をしましょう。
ただしこれから始める人に関しては、詐欺に注意をしてください。

ハイローオーストラリアに口座開設しよう!

『ハイローオーストラリアに興味があるけど、どうしようかまだ迷ってる』

ハイローに興味があっても、その1歩を踏み出せないでいる方は非常に多いです。

そんな方にお伝えしたいことは、まずは口座開設をしてみるということ。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間もかかりませんし、口座の維持管理料も発生しません。
とりあえず持っておくだけでも、今後ハイローをやってみたいときにすぐに始めることができます。

ハイローオーストラリアの口座開設の流れは、こちらのページに詳しくまとめています。

必要書類や、ボーナスの受け取り方など、最も簡単、手軽に口座解説するための手順をまとめていますので、ハイローに少しでも興味のある方は参考にしてみてくださいね。